Best deal of the week
DR. DOPING

指示

Logo DR. DOPING

使用のための指示:Calendulae officinalis floridis extract + Chamomillae recutitae floridis extract + Achillea millefolii herbae extract

私はこれがほしい、私に価格を与える

(Extractum florum Calendulae officinalis +抽出物フローラルChamomillae officinalis + extractum herbae Millefolii)

薬理学グループ

他の非麻薬性鎮痛薬(非ステロイド系および他の抗炎症薬を含む)を組み合わせたもの

病理分類(ICD-10)

歯肉炎および歯周病

潰瘍性歯肉炎、咽頭および口腔の炎症性疾患の悪化、歯茎からの出血、エプスタイン嚢胞(Epstein cysts)、潰瘍性大腸炎、潰瘍性大腸炎、潰瘍性大腸炎、潰瘍性大腸炎

K05.4歯周病

歯槽膿漏、砂糖摂取、慢性副甲状腺機能低下症、表在性および深部性歯周炎、黄斑症

K12口内炎および関連病変

口腔の炎症性疾患、口腔の炎症性疾患、口腔の真菌感染症、真菌感染症および口腔の炎症性疾患などの疾患の治療に使用することができる。口腔感染症、咽頭および口腔の炎症性疾患の悪化、口内炎、角膜炎、慢性再発性口内炎、口腔粘膜の潰瘍性壊死性疾患、潰瘍性壊死性歯肉性胃炎、潰瘍性口内炎、びらん性潰瘍性口腔粘膜の病変、口腔粘膜のびらん性潰瘍性病変、口腔の粘膜粘膜、再発性潰瘍性口内炎

K13.7その他の口腔粘膜病変

口腔粘膜のアスピリン焼け、歯医者の歯茎炎症、口腔炎の炎症、放射線療法後の口腔粘膜の炎症、化学療法後の口腔粘膜の炎症、口腔粘膜の炎症、炎症性疾患の炎症口腔粘膜の病気、口腔粘膜の病気、口腔粘膜の傷害、口腔粘膜の傷害、口腔粘膜の傷害、びらん性潰瘍性歯周病、口腔粘膜のびらん性潰瘍性病変、口腔粘膜性粘膜、口腔粘膜の潰瘍性病変、口腔粘膜の潰瘍性病変、放射性癲癇、歯科補綴物からの刺激、義歯を用いた口腔粘膜の炎症中括弧、口腔、義歯装着時

K29.9他の胃十二指腸炎

急性胃十二指腸炎、慢性胃十二指腸炎、正常分泌機能を有する慢性胃十二指腸炎、分泌機能を増強した慢性胃十二指腸炎、びまん性胃十二指腸炎、びらん性胃炎、胃腸管炎、胃腸炎、胃腸炎、正常分泌の背景に対する胃十二指腸炎、胃十二指腸炎

K52.9非感染性胃腸炎および大腸炎、不特定

高齢者腸症候群、慢性下痢、結腸炎、消化管感染症、コラーゲン大腸炎、粘液性大腸炎、慢性大腸炎、慢性腸炎、消化管の感染症、抗生物質摂取に伴う大腸炎

薬物療法

植物起源の総合的な調製は、地元の抗炎症、消毒、止血効果があります。 損傷した粘膜の再生を促します。

適応症

口腔の炎症性疾患(アフタ性口内炎、歯周炎、潰瘍性壊死性歯肉炎)。 胃腸病学(併用療法の一部として):胃腸炎、慢性腸炎および大腸炎。

禁忌

過敏症。

投薬

ローカル。 5mlの溶液を200mlの温水で希釈する。 口腔粘膜の病気が2〜5日間、1日2〜3回、適用(15〜20分)または経口浴(1〜2分)を使用した場合。 歯周炎の治療では、結石を除去し、病理学的歯肉ポケットをこすり落とした後、薄いトゥンダを歯肉ポケットに20分間注入し、毎日、または1日おきに(4〜6回)充分に湿らせる。

内部 - 食事の30分前または食事後40-60分の溶液の1/3〜3/2カップ(60〜100ml)、1日3〜4回。 治療の経過 - 2-3週間。

マイクロクリスタル:直腸内 - クレンジング浣腸後の溶液50-100ml、1日1-2回。 治療の経過は3-6日です。

副作用

アレルギー反応。

Someone from the United Kingdom - just purchased the goods:
Miacalcic injection 100ME 1ml per vials, 5 vials