Best deal of the week
DR. DOPING

指示

Logo DR. DOPING

使用のための指示:Brevibloc

私はこれがほしい、私に価格を与える

活性物質エスモロール

ATXコードC07AB09エスコロール

薬物療法グループ:

ベータ遮断薬

病因分類(ICD-10)は、

C74副腎の悪性新生物

グリコーロステロイド、コルチコステロイド、手術不能コルチコステロイド、副腎腫瘍

E05.5甲状腺の危機または昏睡

甲状腺機能低下症、甲状腺機能低下症、瘢痕化

I10必須(原発性)高血圧

高血圧、動脈性高血圧、動脈性高血圧症の経過、必須高血圧

高血圧症、高血圧症、高血圧症、高血圧、動脈性高血圧、悪性高血圧、高血圧症、高血圧症、高血圧、高血圧、高血圧、高血圧、高血圧、高血圧、高血圧、高血圧、動脈性高血圧、動脈性高血圧、悪性高血圧、高血圧症の増悪、一過性高血圧、孤立性収縮期高血圧

I15二次性高血圧

高血圧状態、高血圧症、高血圧、動脈性高血圧、悪性高血圧、高血圧症、高血圧、高血圧、高血圧、悪性高血圧、高血圧症、高血圧症、高血圧症、高血圧症、高血圧症の増悪、一過性高血圧、高血圧、動脈性高血圧、動脈性高血圧症の経過、腎血管性高血圧症、症候性高血圧症、腎性高血圧症、腎血管性高血圧症、症候性高血圧症

I20.0不安定狭心症

不安定狭心症、ひどい病気

I21急性心筋梗塞

急性期の心筋梗塞、急性心筋梗塞、病的Q波を伴う心筋梗塞、心筋梗塞を伴う心筋梗塞、心筋梗塞、心筋梗塞、心筋梗塞、心筋梗塞、網膜心筋梗塞、心内膜心筋梗塞、心筋梗塞、心筋梗塞の急性期、急性心筋梗塞、心筋梗塞の亜急性期、心筋梗塞の亜急性期、冠状動脈の血栓症(動脈)、心筋梗塞の脅威、Q波なしの心筋梗塞

I47.1上室性頻脈

上室性発作性頻拍、上室性頻脈性不整脈、上室性不整脈、上室性発作性頻拍、上室性頻拍性不整脈、神経性の洞性頻脈、順行性頻拍、上室性頻拍の発作、WPW症候群、心房頻拍の発作で上室性頻拍の発作、発作性上室性頻拍性不整脈、発作性上室性頻拍心房細動、心房頻拍、AVブロックを伴う心房頻脈、再灌流不整脈、反射Bertsolda-Jarisch、再発性持続性上室性発作性頻拍、症候性心室性頻脈、洞性頻拍、上室性発作性頻拍、AVの頻脈接続、頻脈、正常性頻拍、結節性頻拍、カオス性心房頻拍症候群、ウルフ - パーキンソン - ホワイト

I48心房細動およびフラッタ

心房細動および発疹の救済頻繁な心室レート、心房細動および発疹のパロキシム、心房細動の発作、発作性心房細動、心房早発拍動、Tahisistolicheskoy心房細動、耳障りなフラッター、生命を脅かす心室細動、心房細動、慢性心房細動、上室性不整脈、発作性心房細動およびフラッター、発作性繊維裂傷、心房早発拍動

構造と組成

1mlの注射用溶液

エスコロール塩酸塩10 mg

10mlのボトルに入れた。 カートン1本につき5本。

輸液用濃縮液1 ml

塩酸エスモロール250 mg

10mlのバイアル中; 1カートンあたり1アンプル。

薬理学的効果

抗狭心症、降圧薬、抗不整脈薬である。

ブロックβ1-アドレナリン作動性受容体は、心理選択的であり、それ自身の交感神経刺激および膜安定化活性を欠く。 洞結節の自動性を抑え、不応期を延長し、AVノードの速度を低下させます。 中央の交感神経インパルスを止め、末梢組織のカテコールアミンに対する感受性を低下させる。 それは、心拍数、心臓の心筋酸素消費量(抗狭窄効果)、心拍出量および血圧を低下させる。

薬物動態

完全な治療効果は2分以内に発現し、注入完了後15〜20分後に終了する。 T1 / 2〜9分。 ニュースを不活性代謝物として報告する。

適応症

動脈性高血圧、種々の病因の高血圧症、洞性頻脈、上室性頻脈および頻脈性不整脈(心房細動および心房粗動を含む、手術中および手術後を含む); 甲状腺機能亢進症、心筋梗塞、褐色細胞腫、不安定狭心症。

禁忌

(45μ/分未満)、心原性ショック、AVブロックII-III度、うっ血性心不全、洞性洞症候群、低血圧(90mmHg未満の悲嘆および50mmHg未満のDBP)低体温、気管支痙攣症候群、小児の年齢(安全性の適用は調査されていない)。

妊娠と授乳

妊婦で健康と安全性について研究されていない。 母乳中のBreviblokaの浸透の可能性に関するデータがない場合、授乳中は推奨されない。

副作用

神経系や感覚器官から:めったに疲れていない気分、眠気、混乱、頭痛、めまい、音声障害および/または視力、興奮。

心血管系および血液(血液、止血):まれに - 低血圧、末梢虚血、徐脈、動悸、血栓性静脈炎の兆候。

その他:まれに、寒冷、発熱、呼吸困難、気管支痙攣、便秘、尿貯留、灼熱、硬化、または注射部位周囲の皮膚の浸潤(溢出)。

インタラクション

血液中のジゴキシンの濃度を増加させると、吸入麻酔薬の降圧効果が増強され、スクシニルコリンのmiorelaksantny効果が延長される(1.5倍)。 モルヒネと血中のワルファリンの濃度を増加させる。

投与と投与

B / 500mg / kgの用量で1分間(負荷用量)、続いて50mcg / kg /分でさらに4分間; 維持用量 - 25mg / kg /分(またはそれ以下)。 再導入の可能な間隔 - 5-10分。 最初の5分間にほとんど効果がなく、2回の用量は1分間500mg / kgの負荷量を再導入し、その後4分間〜100ug / kg / min(再試行は150mg / kg /分まで増加させることができる。 200μg/ kg /分)。 水準を安定させるために心拍数の所望のレベルに達すると、塩酸プロプラノロール10〜20mgを4〜6時間ごとに、ベラパミル80mgを6時間ごとに、ジゴキシン0,125〜0.5mgを口またはIで6時間ごとに使用することができる/ O、2時間ごとにキニジン200mg(注入用量の最初の1時間にBreviblokaの半分を投与することに対して)。 第1の投与後の観察時間中の患者の定常状態またはこれらの薬物の第2の投与の導入の場合、注入はBreviblokaを停止させることができる。

操作麻酔ボーラス投与中に80mgを15〜30秒間、次いで150〜300g / kg /分の速度で注入した場合に表示される。

250 mg / mLの濃度のブレビブロカ溶液は、250 mlの生理食塩水または5%デキストロース溶液(10 mg / ml)で希釈する必要があります。

過剰摂取

症状:低血圧、徐脈、気管支痙攣。

治療:徐脈イン/硫酸アトロピンまたはイソプロテレノールまたはグルカゴン; 液体および血管収縮剤(エピネフリン、ノルエピネフリン、ドーパミンまたはドブタミン)および気管支痙攣 - イソプロテレノールまたはキサンチン誘導体の内/中に低血圧を伴う。

予防措置

bronhospasticheskimi疾患、糖尿病、腎機能障害を持つ患者を指名することを忘れないでください。 可能性のある皮膚壊死の10mg / ml以上の導入は避けてください。 予防措置は24時間にわたって継続された(学習経験は不十分である)。 ベラパミルとレセルピンを取り消してから48時間後に使用できます。

特別な指示

ニードルバタフライを使用することはお勧めしません。 5%重炭酸ナトリウム溶液を含む同じシリンジでは不適合です。

保管条件

温度は25℃を超えていません(凍結しないでください)。 混合溶液は、2〜4℃の温度で24時間以下である。

子供の手の届かないところに保管してください。

棚の寿命

10mg / ml〜2年間の静脈内投与のための溶液。

輸液のために250mg / ml〜3年間濃縮する。

パッケージに記載された有効期限を超えて使用しないでください。

Someone from the Qatar - just purchased the goods:
Irifrin BK eye drops 2.5%, 0.4 ml, 15 pieces