Best deal of the week
DR. DOPING

指示

Logo DR. DOPING

使用のための指示:Arduan

私はこれがほしい、私に価格を与える

活性物質:臭化ピペクロニウム

適応症

機械的換気の条件で20-30分を超える筋肉弛緩を必要とする、様々な外科手術中の全身麻酔を伴う気管内挿管および骨格筋の弛緩。

禁忌

臭化ピペクロニウムおよび/または臭素に対する過敏症、重度の肝機能障害、年齢3ヶ月(3ヶ月未満の小児における用量は定義されていない)。

妊娠と泌乳

FDAによる胎児の行動カテゴリーはCです。

妊娠中の女性および胎児に臭化ピペクロニウムを使用することの安全性を実証するための臨床研究では十分ではありません。 妊娠中に臭化ピペクロニウムを使用することはお勧めしません。 最小量の臭化ピペクロニウムが胎盤に浸透し、臍帯血で検出されます。

母乳育児中の臭化ピペクロニウムの安全な使用に関する臨床データでは不十分です。 授乳中に臭化ピペクロニウムを使用することはお勧めしません。

帝王切開。 ピペクロニウムの帝王切開による全身麻酔の場合、臭化物は新生児のApgarスケール、筋肉の調子および心血管適応を変化させません。

副作用

非分極筋弛緩剤の最も一般的な副作用は、外科的介入および麻酔に必要なよりも長い期間の薬理学的効果の延長である。 臨床症状は、骨格筋の衰弱から、呼吸不全(無呼吸)に至りうる深部および長期の麻痺まで様々であり得る。

副作用のリストは、出現頻度によって与えられる:非常に頻繁に(≧1/10)。 頻繁に(≥1/100、<1/10); 時には(≧1/1000、<1/100); まれに(≧1/10000、<1/1000); 非常にまれに(</ 10000); 頻度は不明です(利用可能な情報から判断できません)。

免疫系の側面から:ごくまれに - アナフィラキシー様反応とアナフィラキシー様反応1。

代謝および摂食障害の側面から:ときにはクレアチニンレベルの低下、低血糖、高カリウム血症; 非常にまれに - テタニー。

精神の障害:ごくまれに - 眠気。

中枢神経系の側から:時々 - ハイパースタージ、中枢神経系の圧迫; ごくまれに - 麻痺。

視覚の器官の側から:ごくまれに - 眼瞼炎。

CCCから:ときに - 脳卒中、血栓症、心筋虚血、心房細動、心室期外収縮; 非常にまれに - 不整脈、徐脈、心臓の圧迫、2心室の頻脈および細動、動脈性高血圧、動脈性低血圧、血管拡張。

呼吸器系から:時々 - 呼吸抑制、喉頭痙攣、無気肺; 非常にまれに - 無呼吸、呼吸困難、肺の低換気、気管支痙攣、咳。

筋骨格系から:時には筋肉萎縮、挿管困難; 非常にまれに - 筋肉の衰弱。

造血および止血システムの部分では:めったに - 活性化された部分トロンボプラスチン活性化時間およびPV、血栓症は減少する。

泌尿器系の側面から:めったに - 無尿症。

皮膚から:ときに - 発疹、蕁麻疹。

研究室の指標:ごくまれに、高クレアチニン血症、血漿中のカリウム、マグネシウム、カルシウムのレベルの有意な低下、グルコースレベルの上昇、血液中の尿素濃度の増加、心拍数の低下。

1アナフィラキシー反応とアナフィラキシー様反応は、非分極性筋弛緩剤を使用することによって時々起こることがあるので、アナフィラキシー反応を止めるための薬剤や器具を準備する必要があります。 非極性筋肉弛緩剤が交差アレルギーを形成する可能性があるので、臭化ピペロクロニウムは、他の筋弛緩剤に対するアレルギー反応の予兆の存在下で注意して使用すべきである。 ヒスタミン放出とヒスタミン様反応:臭化ピペクロニウムはヒスタミンを放出しない。

2臭化ピペロクロニウムは、ハロタンまたはフェンタニルを麻酔と同時に使用した場合、おそらく軽度の血行力学作用を引き起こします。心臓への軽度の作用および血行作用(血圧の低下、徐脈)が原因です。

予防措置

それらは、呼吸器系に臭化ピペクロニウムを作用させることにより、人工呼吸器専門医の存在下で、換気のための適切な装置が利用できる専門病院の条件でのみ使用される。

筋肉収縮の完全な回復が必要となるまで、手術中および術後初期の生命機能の慎重な監視。

用量を計算する際には、使用される麻酔法、麻酔前または麻酔中に投与される薬物との相互作用、患者の状態および感受性を考慮に入れなければならない。

医学文献では、アナフィラキシー反応およびアナフィラキシー様反応の症例が、筋弛緩剤を用いて記載されている。 臭化ピペクロニウムの副作用が報告されていないにもかかわらず、このような状態の即時治療を可能にする条件下でのみ使用することができる。

クロスアレルギーの可能性があるため、筋弛緩剤によるアナフィラキシー反応の既往がある患者には、臭化ピペロニウムを使用する際には注意が必要です。

筋弛緩を引き起こす臭化ピペクロニウムの投与量は、有意な心血管作用を有さず、実質的に徐脈を引き起こさない。

前投薬のためのm-holinoblokatorovの使用および投薬量は、慎重な予備的評価の対象であり、nに対する刺激効果も考慮する必要がある。 Vagus他の他の薬剤を同時に使用し、手術の種類。

臭化ピペロニウムを相対的に過剰に投与しないようにし、筋活動の回復を適切に制御するために、末梢神経繊維の刺激剤を使用することが推奨される。

神経筋伝達、肥満、腎不全、肝臓および胆道疾患、伝染性脊髄炎の病歴を有する患者には、より少量のピペロニウム臭化物を投与するべきである。

肝疾患では、臭化ピペクロニウムの使用は、リスクが正当化されている場合にのみ可能です。 この場合、線量は最小限に抑える必要があります。

いくつかの状態(低カリウム血症、デジタル化、高マグネシウム症、利尿薬投与、低カルシウム血症、低蛋白質血症、脱水、アシドーシス、高カルシウム血症、悪液質、低体温)は効果の延長または増強に寄与する。

麻酔の開始前に、電解質、酸 - 塩基バランスを修正し、脱水を排除する必要がある。

他の筋弛緩剤と同様に、臭化ピペクロニウムは、活性化部分トロンボプラスチン時間およびPVを低下させることができる。

毒性の治療(神経筋遮断を強化することができる)のためにマグネシウム塩を摂取した妊婦は、臭化ピペクロニウムを低用量で処方する。

新生児期の有効性と安全性は研究されていない。 3ヶ月から1年の幼児の治療効果は、成人の治療効果と実質的に異ならない。 1歳から14歳の小児は臭化ピペクロニウムに敏感ではなく、その治療効果の持続時間は成人および幼児(1歳未満)よりも短い。

車両を運転し、機械で作業する能力に影響する。 神経筋伝導が完全に回復してから24時間以内に、車両を運転し、精神運動反応の注意と速度の集中を必要とする潜在的に危険な活動に従事することは推奨されません。

Someone from the United Arab Emirates - just purchased the goods:
Visoluten intensive course 180 capsules