Best deal of the week
DR. DOPING

指示

Logo DR. DOPING

使用のための指示:Aprovel

私はこれがほしい、私に価格を与える

剤形:フィルムコート錠剤

活性物質:イルベサルタン

ATX

C09CA04イルベサルタン

薬理学グループ

アンギオテンシンII受容体アンタゴニスト[アンジオテンシンII受容体アンタゴニスト(AT1-サブタイプ)]

病理分類(ICD-10)

I10必須(原発性)高血圧:高血圧; 動脈性高血圧; 動脈性高血圧症の経過コース; 本質的な高血圧。 本態性高血圧; 本態性高血圧; 本態性高血圧; 本態性高血圧; 原発性高血圧; 動脈性高血圧、糖尿病の合併症; 血圧の突然の上昇。 血液循環の高血圧障害; 高血圧状態; 高血圧の危機; 動脈性高血圧; 悪性高血圧; 高張性疾患; 高血圧の危機; 高血圧の加速; 悪性高血圧; 高血圧症の悪化; 一時的な高血圧; 隔離された収縮期高血圧

I15二次性高血圧:動脈性高血圧、糖尿病の合併症; 高血圧; 血圧の突然の上昇。 血液循環の高血圧障害; 高血圧状態; 高血圧の危機; 高血圧; 動脈性高血圧; 悪性高血圧; 高血圧の危機; 高血圧の加速; 悪性高血圧; 高血圧症の悪化; 一時的な高血圧; 高血圧; 動脈性高血圧; 動脈性高血圧症の経過コース; 血管新生高血圧; 高血圧症候群; 腎性高血圧; 血管新生高血圧; 血管新生高血圧; 症状のある高血圧

N08.3真性糖尿病の糸球体病変(E10-14 +共通の第4徴候.2):糖尿病性腎症; 糖尿病性腎症; 1型真性糖尿病の背景にある糖尿病性腎症; I型糖尿病患者における糖尿病性腎症; 2型糖尿病患者における蛋白尿

N08.8他の疾患の糸球体病変

組成

錠剤はフィルムコーティングで覆われていた。

活性物質:イルベサルタン150mg; 300 mg

補助物質:ラクトース一水和物 - 51/102 mg; MCC-27 / 54mg; ナトリウムクロスカルメロース-12 / 24mg; ステアリン酸マグネシウム2.5 / 5mg; 二酸化ケイ素コロイド-2,5 / 5mg; ヒプロメロース - 5/10 mg

フィルム膜:Opadry white(乳糖一水和物36%、ヒプロメロース28%、マクロゴール-3000~10%、二酸化チタン(E171)26%)10/20mg; ワックスカルナバ - <0.05 / 0.1 mg

剤形の説明

150mgの錠剤:片側に心臓の彫刻されたイメージ、他方には数字「2872」の両凸、卵形、フィルムコーティングされた白色またはほぼ白色の錠剤。

300mgの錠剤:一方の側に心臓の彫刻された像及び他方の側に「2873」の数を有する両凸、楕円、フィルムコーティングされた白色又はほぼ白色の錠剤。

薬理学的効果

行動様式 - 降圧。

薬力学

イルベサルタンは、アンジオテンシンII受容体(AT1型)の選択的アンタゴニストである。 イルベサルタンは薬理学的活性を獲得するために代謝活性化を必要としない。 アンギオテンシンIIはRAASの重要な成分であり、高血圧の発症の病因ならびにナトリウムの恒常性に関与している。

それは、アンギオテンシンIIの生理的に重要な作用をブロックする。 その血管の平滑筋細胞および副腎皮質の表面上に位置するAT1型の受容体を介して実現される顕著な血管収縮およびアルドステロン分解作用。 それはAT1受容体に対するアゴニスト活性を有さず、AT2受容体(CVS調節に関係しない受容体)よりもAT1受容体に対してはるかに大きい(8500倍を超える)親和性を有する。

イルベサルタンは、RAAS酵素(レニン、ACEなど)を阻害せず、血圧およびナトリウムホメオスタシスの調節に関与する他のホルモンまたはイオンチャネルの受容体に影響しない。 イルベサルタンAT1受容体によるブロッキングは、レニンおよびアンジオテンシンIIの血漿濃度の上昇をもたらすレニン - アンジオテンシン系のフィードバックループを中断する。 推奨用量でイルベサルタンを服用した後、アルドステロンの血漿中濃度は、血清中のカリウム含量に有意に影響することなく減少する(その増加の平均値は<0.1mEq / Lである)。 イルベサルタンは、トリグリセリド、コレステロールおよびグルコースの血清濃度に有意な影響を及ぼさない。 イルベサルタンは、血清中の尿酸の濃度または腎臓による尿酸の排泄率に影響を与えない。

イルベサルタンの抗高血圧効果は、初回投与後に現れ、入院後1〜2週間で顕著になり、その最大抗高血圧効果は治療の4〜6週目で達成されます。 長期的な臨床試験では、イルベサルタンの降圧効果は1年以上維持されています。

イルベサルタンを1日1回摂取することによる降圧効果は、最大900mgの用量で用量依存的である。 イルベサルタンは、1日1回の単回投与で、150-300mgの用量で、仰臥位で測定されるか、またはインターバル間隔の最後に座る血圧を低下させる(イルベサルタンの投与を受けた24時間後、 、平均8-13 / 5-8mmHgである。 (SAD / DAD)がプラセボと比較して高かった。 次回投与前のイルベサルタンの抗高血圧効果は、DADおよびSADの減少の最大値の60〜70%である。 イルベサルタンを1日1回摂取すると、24時間以内に血圧が最適に低下する。

イルベサルタンはほぼ同じ程度に立って立つ姿勢でBPを減少させる。 口止め効果はまれであるが、ACE阻害薬の投与と同様に、低体温および/または血液量減少症の患者では、臨床症状を伴う過剰なBP減少が可能である。

イルベサルタンおよびチアジド利尿薬の抗高血圧効果は相加的である。 イルベサルタン単剤療法で血圧が不十分な患者では、低用量のヒドロクロロチアジド(12.5mg)を1日1回摂取量に追加すると、SAD / DADが7-10 / 3-6mmHg低下する。 プラセボの追加と比較して。

イルベサルタンの有効性は、年齢や性別に依存しません。 RAASに影響を及ぼす他の薬剤の使用と同様に、ネグロイドレースの患者におけるイルベサルタンの抗高血圧効果ははるかに顕著ではない。 しかし、イルベサルタンを低用量のヒドロクロロチアジド(例えば、12.5mg /日)と同時に使用する場合、ネグロイドレースの患者の降圧反応は、コーカサイドレースの患者の降圧反応に近似する。

イルベサルタンを中止した後、血圧は徐々に初期レベルに戻ります。 離脱症候群は観察されない。

多施設無作為化制御活性物質(アムロジピン)およびプラセボでは、動脈性高血圧症および2型糖尿病患者1715人(タンパク質尿≧900 mg /日および血清クレアチニン濃度1〜3 mg /日)のIDNTの二重盲検臨床試験で、 dl範囲)、次のいずれかの状態の最初の発生の相対リスクの20%(p = 0.024)の減少(プラセボと比較)および23%(p = 0.006)の減少(アムロジピンと比較して)血清クレアチニン濃度の倍加、腎臓病の発症、または何らかの原因による死亡(イルベサルタンおよびアムロジピンの適用時に同等の血圧低下を達成するため)。

動脈性高血圧症および2型糖尿病患者における微量アルブミン尿症(590例)で実施された動脈性高血圧および2型糖尿病患者のマイクロアルブミン尿症に対するイルベサルタンの効果の多施設ランダム化プラセボ対照二重盲検臨床試験AprovelŪが臨床的に有意な蛋白尿を呈した場合、20-200(血清クレアチニン濃度<男性で1.5 mg / dl、女性では1.1 mg / dl)、長期治療(2年以上)の効果が評価された。 (プラセボと比較して、p = 0.0004)、臨床的に有意なタンパク尿の相対的危険性(比較して、プラセボと比較して、プラセボと比較して70%の減少が証明された。プラセボ、p = 0.085)。臨床的に有意なタンパク尿の進行の遅延は、すでに3ヶ月後に認められ、臨床試験の2年間全体にわたって継続した。処置群間の24時間Clクレアチニンは有意に異ならなかった。 プラセボ群(21%)と比較して、300mg(34%)の用量でAprovel(登録商標)群において、正常なアルブミン尿(20mg /分未満、<30mg /日)への微量アルブミン尿の退縮がより頻繁に観察された。

薬物動態

吸う。 経口投与後、イルベサルタンは迅速かつ完全に吸収され、その絶対生物学的利用能は約60〜80%である。 同時の食物摂取は、イルベサルタンの生物学的利用能に有意に影響しない。 経口投与後、血漿Cmaxイルベサルタンに1.5〜2時間後に到達する。

分布。 血漿タンパク質との結合は約96%である。 血液の細胞成分への結合はごくわずかです。 Vdは53-93リットルです。

代謝。 14C-イルベサルタンの摂取または静脈内投与後、血漿中を循環する放射能の80〜85%が、変化しないイルベサルタンに生じる。 イルベサルタンは、グルクロン酸との酸化および結合によって肝臓によって代謝される。 全身循環における主要代謝物は、イルベサルタングルクロニド(約6%)である。 イルベサルタンの酸化は、主にシトクロムP450アイソザイムCYP2C9を用いて行われ、イルベサルタンの代謝におけるCYP3A4アイソザイムの関与は重要ではない。 イルベサルタンは、通常、薬剤(CYP1A1、CYP1A2、CYP2A6、CYP2B6、CYP2D6またはCYP2E1)の代謝に通常関与するほとんどのアイソザイムによって代謝されず、阻害または誘導を誘導しない。 イルベサルタンは、アイソザイムCYP3A4を誘導または阻害しない。

排泄。 イルベサルタンおよびその代謝産物は、腸(胆汁を含む)および腎臓の両方を介して体内から排泄される。 14C-イルベサルタンの摂取または静脈内投与後、約20%の放射能が尿中に残り、残りは便中に見出される。 投与された用量の2%未満が、変化しないイルベサルタンの形で腎臓によって排泄される。 イルベサルタンの最後のT1 / 2は11-15時間です。 イルベサルタンのIV注入のための全クリアランスは157-176ml /分であり、その腎クリアランスは3-3.5ml /分である。 イルベサルタンの1日1回摂取では、3日後に血漿Cssが達成されるが、血漿中のその限られた蓄積(+ 20%未満)が観察される。

特別な患者グループ

床。 女性(男性と比較)では、イルベサルタンのわずかに高い血漿濃度が観察された。 しかし、T1 / 2における性別に関連する差異およびイルベサルタンの蓄積は検出されなかった。 女性におけるイルベサルタン用量の補正は必要ない。 イルベサルタンの影響に性差には差はなかった。

高齢者。 臨床的に正常な腎機能および肝機能を有する高齢患者(65〜80歳)におけるイルベサルタンのAUCおよびCmaxの値は、若年患者(18〜40歳)より約20〜50%高かった。 彼らが持っていた最終的なT1 / 2は匹敵しました。 イルベサルタンの影響には年齢に関連する差異はなかった。

肝臓機能の侵害 肝硬変による肝機能不全の軽度(機能的クラスAまたはChild-Pughスケールで5-6ポイント)および中程度に発現する(Child-Pughスケールで機能クラスBまたは7-9)患者では、イルベサルタンの薬物動態パラメータ大幅に変化しない。

腎機能障害。 腎機能障害または血液透析患者のイルベサルタンの薬物動態は大きく変化しない。 イルベサルタンは血液透析によって体内から排泄されない。

レース所属。 動脈性高血圧のないボランティアでは、Negroidレースの代表者のAUCとT1 / 2 irbesartanは、Caucasoidレースの代表者よりも約20〜25%高かったし、Cmax irbesartanもほぼ同じであった。

Aprovelの表示

動脈性高血圧(単独療法および他の抗高血圧薬、例えばチアジド利尿薬、β-アドレナリン遮断薬、CCBとの併用);

動脈高血圧症および2型糖尿病(併用降圧療法の一環として)における腎症。

禁忌

薬物のいずれかの成分に対する過敏症;

糖尿病または軽度および重度の腎不全(糸球体濾過率(GFR)<60ml /分/体表面積1.73m 2)の患者にアリスキレンを含む薬物を同時に適用すること。

糖尿病性腎症の患者におけるACE阻害剤との同時使用;

ガラクトースに対する遺伝的不耐性、ラクターゼ不足またはグルコースガラクトース吸収不良;

重度の肝機能不全(機能クラスCまたはChild-Pughスケールで9以上)(臨床経験の欠如);

妊娠;

母乳育児の時期。

年齢は18歳までです(有効性と安全性は確立されていません)。

次のような条件では注意してください。

大動脈弁または僧帽弁の狭窄または肥大性閉塞性心筋症;

低体温症、低ナトリウム血症、利尿薬、血液透析の治療で生じる;

食塩の摂取制限、下痢、嘔吐(過剰な血圧低下の危険性)を伴う食餌への服従。

RAAS(腎動脈の両側または片側狭窄を伴う高血圧または慢性心機能不全III-IV機能分類(NYHA分類による)を含む)の活動に応じて、腎機能を有する患者(「特別な指示書」を参照)。

虚血性心疾患および/または脳血管の臨床的に重要なアテローム性動脈硬化症(急性心筋梗塞および脳卒中の発症まで、虚血性障害を増加させるリスクがある。

腎不全(血液中のカリウムおよびクレアチニン濃度の制御が必要)、最近の腎臓移植(臨床経験の欠如)。

選択的なCOX-2阻害剤(腎機能障害のリスクの増加、特に高齢患者、利尿薬を服用している患者を含む患者、または障害を有する患者を含む急性腎不全および血清カリウムの増加の可能性を含む) function Kidneys(「相互作用」を参照)。

ACE阻害剤またはアリスキレンと組み合わせて使用すると(RAASの二重遮断を伴う単独療法と比較して)、過剰な血圧低下、高カルシウム血症および腎機能障害のリスクが高まる(「特別な指示」を参照)。

妊娠と母乳育児の応用

妊娠中に薬AprovelŪを使用した経験はありません。 イルベサルタンは、RAEに直接影響を及ぼす他の薬剤と同様に、ACE阻害剤が妊娠のIIおよびIII期に摂取されたときに胎児が損傷して死亡したことを考慮すると、妊娠中に使用することができない(I、II、 IIIトリエステル)。 AprovelŪによる治療中に妊娠を診断する場合は、できるだけ早く停止する必要があります。

イルベサルタンまたはその代謝産物が母乳中に排泄されているかどうかは知られていない。 授乳中は、AprovelŪの使用は禁忌です。 したがって、薬物を母親に服用したことによる知覚恩恵と乳児への潜在的リスクとの比率を評価した後、母乳育児をやめたり、AprovelŪを服用したりしてください。

副作用

WHOの分類によれば、非常に頻繁に(≧1/10)、頻繁に(≧1/100、<1/10)、まれに(≧1/1000)、次のような望ましくない現象が発生する。 (1/10000、個々のメッセージを含む)、未知の頻度(望ましくない現象の発生の頻度を決定することは不可能である利用可能なデータに従って)。

AprovelŪの安全性は、約5,000人の患者の臨床試験で検討され、1300人の高血圧患者を6ヶ月以上服用し、400人の患者が1年以上服用した。 AprovelŪを服用している患者の有害事象は、通常、軽度かつ一時的であり、その頻度は、服用量の大きさに関係なく、性別、年齢、または人種に依存しなかった。

1,655人の患者がイルベサルタンを1〜3ヶ月間服用したプラセボ対照試験では、AprovelŪを服用している患者の3.3%では臨床的または実験的有害事象の発生による治療中止が、4.5%プラセボ投与群の患者(統計的に有意差があった)。

高血圧におけるAprovel(登録商標)の使用によるプラセボ対照臨床試験で観察される有害事象は、その投与におそらく関連するか、または薬物の投与との確立された関係がない

イルベサルタンによる以下の有害事象の発生率は、プラセボで観察されたものと統計的に有意な差はなかった。

神経系から:しばしば - めまい、頭痛; まれな - 起立性めまい。

心臓から:まれに - 腫れ、頻脈。

呼吸器系から、胸部および縦隔:まれに - 咳。

消化管から:頻繁に吐き気/嘔吐。 まれに - 下痢、消化不良/胸焼け。

性器と乳房から:まれに - 性的機能不全。

一般的な障害:しばしば - 疲労が増えました。 まれに - 胸の痛み。

実験室および機器データ:臨床試験では動脈高血圧の患者で臨床的に有意な変化は観察されなかった。 AprovelŪを服用している高血圧患者の検査室パラメーターの特別な監視はありません。

高血圧症および2型糖尿病(IDNTおよびIRMA 2臨床試験)における腎症患者におけるAprovelŪを用いたコントロールされた臨床試験で観察された有害事象

有害事象(眩暈(10.2%)(プラセボ6%)、起立性めまい(5.4%)(プラセボ2.7%)および起立性低血圧(5.4%)を除いて、プラセボを投与した場合は3.2%)。

プラセボと比較して、Aprovel(登録商標)を用いた起立症状による中止の割合は、0.3対0.5%、起立性めまい0.2対0.0%、および起立性低血圧0.0乃至0.0%であった。

ラボ指標から:高カリウム血症。 臨床試験IDNTでは、AprovelŪ群で高カリウム血症(> 6mEq / L)の割合は18.6%であったのに対し、プラセボ群では6%でした。 IRMA臨床試験では、高カリウム血症(6mEq / L未満)の患者の2%がAprovelŪ群で1%であり、プラセボ群では高カリウム血症はなかった。

IDNT臨床試験では、AprovelŪおよびプラセボの高カリウム血症による中止の頻度は、それぞれ2.1%および0.36%であった。 臨床研究IRMAにおいて、Aprovel(登録商標)およびプラセボを摂取したときの高カリウム血症の発生による中止の頻度は、それぞれ0.5%および0%であった。

AprovelŪの市販後使用中に観察される望ましくない影響

免疫系の側面から:非常にまれである - 全てのアンギオテンシンII受容体アンタゴニストと同様に、蕁麻疹、血管浮腫などの非常にまれなアレルギー反応の症例が注目された。

薬AprovelŪが市場に参入してからのイルベサルタンの使用により、以下の望ましくない現象が確認されている。

代謝と栄養の側面から:未知の頻度 - 高カリウム血症。

神経系の側から:未知の周波数 - めまい。

肝臓と胆管から:未知の頻度 - 血液中の肝臓酵素とビリルビン濃度の増加、肝炎、黄疸。

聴覚の器官の側から:未知の周波数 - 耳に鳴っている。

筋骨格および結合組織の側面から:未知の頻度は筋痛である。

腎臓と尿路の部分で:未知の頻度 - 腎機能の違反、 リスクのある患者における腎不全の発症のケース(「特別な指示」を参照)。

共通の違反:不明な頻度 - 無力症。

インタラクション

インビトロ研究のデータに基づいて、イルベサルタンとアイソザイムCYP1A1、CYP1A2、CYP2A6、CYP2B6、CYP2E1またはCYP3A4によって代謝される薬物との相互作用は期待されない。 イルベサルタンは、一般に、CYP2C9アイソザイムによって代謝され、グルクロニド化に暴露されることは少ない。 アイソザイムCYP2C9によって代謝される薬物であるワルファリンとイルベサルタンの同時使用では、有意な薬物動態学的および薬力学的相互作用は観察されなかった。

Irbesartanはジゴキシンとシンバスタチンの薬物動態を変えない。

イルベサルタンとヒドロクロロチアジドまたはニフェジピンとの併用により、イルベサルタンの薬物動態は変化しない。

アリスキレンを含む医薬品。 アリスキレンとアリスキレンを含む薬剤との併用は、糖尿病または中等度から重度の腎不全(GFR <60mL /分/体表面積1.73m 2)の患者には禁忌であり、他の患者には推奨されない(禁忌、 "特別な指示")。

ACE阻害剤による。 ACE阻害薬と組み合わせたAprovelŪの使用は、糖尿病性腎症の患者には禁忌であり、他の患者には推奨されない(「禁忌」、Cautious、「特別な指示」参照)。

カリウムおよびカリウムを節約する利尿剤の調製で、ヘパリン。 RAASに影響を及ぼす他の薬物の使用により得られた経験に基づき、カリウム製剤の同時使用; カリウム含有塩の代替物; カリウム保有利尿薬などの薬剤(ヘパリン)の血液中のカリウム含有量を増加させることができるものは、血清中のカリウム含有量を増加させることが可能である。

NSAID(COX-2の選択的阻害剤を含む)。 アンジオテンシンII受容体アンタゴニストとNSAID(COX-2の選択的阻害剤を含む)を同時に使用することにより、イルベサルタンの降圧効果が弱まる可能性がある。 高齢患者では、低体温症または腎機能障害の患者、COX-2阻害剤を含むNSAIDsの使用は、イルベサルタンを含むアンジオテンシンII受容体拮抗薬と併用すると、急性腎不全の発症を含む腎機能が損なわれる可能性がある。 これらの影響は通常可逆的です。 定期的に、イルベサルタンとNSAIDを同時に服用している患者(COX-2阻害剤を含む)で腎機能をモニターすべきである。

リチウム製剤。 リチウム塩およびイルベサルタンの同時使用で、血清リチウム濃度の増加およびその毒性の増加が報告されている。

利尿薬やその他の抗高血圧薬。 イルベサルタンと他の抗高血圧薬を同時に使用することにより、抗高血圧作用の増加が可能である。 イルベサルタンは、β遮断薬、長時間作用型CCBおよびチアジド利尿薬などの他の抗高血圧薬と同時に問題なく使用された。 高用量の利尿薬での先行治療は、血液量減少につながり、Aprovel(登録商標)での治療開始時に過剰なBP低下のリスクが増大する可能性がある。

投与と投与

内部では、食物摂取量にかかわらず、錠剤は全体を飲み込んで水で洗い流されます。 通常、最初の用量は1日1回150mgです。 目標のBP値を達成するために追加の減少が必要な患者は、1日1回300mgまで増量することができます。

AprovelŪ単独療法による血圧低下が不十分な場合は、利尿薬(例:ヒドロクロロチアジド12.5mg /日)または他の降圧剤(ベータブロッカーまたは長時間作用型CCBなど)を治療に追加することができます。

動脈性高血圧および2型糖尿病を伴う腎症の患者では、好ましい維持用量は1日1回300mgである。

個々の患者グループ

子供とティーンエイジャー。 現時点では、小児期および青年期の患者における薬物の安全性および有効性は確立されていない。

高齢者の患者。 通常、高齢患者は線量の減少を必要としない。 臨床試験でAprovelŪを受けた患者では、全体的に、65歳以上の患者と、より若い患者との間で有効性と安全性に差はなかった。

肝不全の患者。 通常、肝機能障害(軽度および中౔

Someone from the Canada - just purchased the goods:
Systein eye drops 15ml