Best deal of the week
DR. DOPING

指示

Logo DR. DOPING

使用のための指示:アナプリン

私はこれがほしい、私に価格を与える

薬の商品名 - アナプリン

剤形:錠剤

活性物質:プロプラノラルム

ATX

C07AA05プロプラノロール

薬物療法グループ:ベータ遮断薬

病因分類(ICD-10)は、

E05甲状腺中毒[甲状腺機能亢進症]:フォンバセドウ病 バセドウ病; 甲状腺機能亢進症; ゴイトレ拡散毒性; 増加した甲状腺機能; タイヤトキシクスキー反応; 有毒な拡散性甲状腺腫;有毒な甲状腺腫; 甲状腺機能亢進症の症状を伴う甲状腺の拡大; ヨウ素系の現象

E05.0甲状腺毒は拡散性甲状腺腫:ゴイトレ拡散毒性; 有毒な甲状腺腫; 拡散性甲状腺機能低下症; グレーブス病; 拡散毒性甲状腺腫; Goiter Graves; パリー病; フラジャニ病; フォンバセドウ病; 有毒な甲状腺腫

E23.3脳下垂体機能不全、他に分類されないもの:視床下部症候群; 副腎皮質刺激ホルモン(ACTH)の単離欠損症。 間脳病変; 間脳危機; 間脳症; 性腺刺激薬の下垂体機能の障害

E27.2アジソンの危機:急性副腎不全; 副腎の危機; 交感神経 - 副腎の危機; 急性副腎不全; 急性副腎皮質機能不全; Addisonizm

G25.0必須振戦:振れ; 一般化された筋肉の振戦; 本質的な振戦家族。 本質的な振戦; 振戦特発性; 振戦特発性良性; 振戦; 本質的な振戦は良性です

I10必須(原発性)高血圧:高血圧; 動脈性高血圧; 動脈性高血圧症の経過コース; 本質的な高血圧; 本態性高血圧; 本態性高血圧; 本態性高血圧; 本態性高血圧; 原発性高血圧; 動脈性高血圧、糖尿病の合併症; 血圧の突然の上昇。 高血圧の血液循環障害; 高血圧状態; 高血圧の危機; 動脈性高血圧; 悪性高血圧; 高張性疾患; 高血圧の危機; 高血圧の加速; 悪性高血圧; 高血圧症の悪化; 一時的な高血圧; 隔離された収縮期高血圧

I15二次性高血圧:動脈性高血圧、糖尿病の合併症; 高血圧; 血圧の突然の上昇。 血液循環の高血圧障害; 高血圧状態; 高血圧の危機; 高血圧; 動脈性高血圧; 悪性高血圧; 高血圧の危機; 高血圧の加速; 悪性高血圧; 高血圧症の悪化; 一時的な高血圧; 高血圧; 動脈性高血圧; 動脈性高血圧症の経過コース; 血管新生高血圧; 高血圧症候群; 腎性高血圧; 血管新生高血圧; 血管新生高血圧; 症状がある高血圧

I15.0血管新生高血圧症:高血圧の危機; 腎血管疾患; 高血圧の加速; 隔離された収縮期高血圧

I20狭心症[狭心症]:ヘーバーデン病; 狭心症; 狭心症の発作; 再発狭心症; 自発性狭心症; 安定狭心症; アンギナ休息; アンギナが進行中。 アンギナ混合; アンギナ自発性; 安定狭心症; 慢性安定狭心症; アンギナ症候群X

I20.0不安定狭心症:ヘーバーデン病; 狭心症; 狭心症の発作; 再発狭心症; 自発性狭心症; 安定狭心症; アンギナ休息; アンギナが進行中。 アンギナ混合; アンギナ自発性; 安定狭心症; 慢性安定狭心症; アンギナ症候群X

I47.1上室性頻脈:上室性発作性頻脈; 上室性頻脈性不整脈; 上室性頻脈; 上室性不整脈; 上室性発作性頻脈; 上室性頻脈性不整脈; 上室性頻脈; 神経性洞性頻脈; 正常性頻拍; 発作性上室性頻脈; 上室性頻脈の発作; WPW症候群を伴う上室性頻脈の発作; 心房頻拍症の発作; 発作性上室性頻脈性不整脈; 発作性上室性頻脈; ポリトピネイ心房頻脈; 心房細動; 心房頻脈は真実である。 心房頻拍; AVブロックを伴う心房頻拍; 再灌流不整脈; 反射Bertsolda-Jarisch; 再発性持続性上室性発作性頻拍; 症状のある心室性頻脈; 副鼻腔頻脈; 上室性発作性頻脈; 上室性頻脈性不整脈; 上室性頻脈; 上室性不整脈; 上室性不整脈; AV接続の頻脈; 上室性頻脈; 頻脈発色症; 洞性頻拍症; 結節性頻脈; 混沌とした心房頻脈 ウォルフ - パーキンソン - ホワイト

I48心房細動および不安定化永久的な心房頻脈性不整脈; 心房粗動または瞬きの間の頻繁な心室レートの緩和; 心房細動; 心房細動およびフラッターの発作; 心房細動の発作; 発作性心房細動; 心房早朝ビート; Tahiaritmicheskoy心房細動; Tahisistolicheskoy心房細動; 耳介ふけ; 生命を脅かす心室細動; 心房細動; 慢性心房細動; 上室性不整脈; 発作性心房細動およびフラッター; 発作性フィブリルフラッター; 心房早漏

I49.1早期心房脱分極:上室性不整脈; 上室性不整脈; 上室性不整脈; 上室性不整脈; 上室性不整脈; 上室拍動; 心房早発拍動

Z100 *クラスXXII外科手術:腹部手術; 腺切除術; 切断; 冠動脈形成術; 頸動脈の血管形成術; 創傷のための消毒皮膚治療; 消毒ハンド; 虫垂切除術; アテレクトミー; バルーン冠動脈形成術; 膣子宮摘出術; 冠動脈バイパス; 膣および子宮頸管内の介入; 膀胱の介入; 口の介入; 修復および再建手術; 医療従事者の手指衛生。 婦人科手術; 婦人科介入; 婦人科手術;手術中の血液量減少ショック; 化膿性創傷の消毒; 創傷端の消毒; 診断介入; 診断手順; 子宮頸部の凝固異常症; 長時間手術; 瘻カテーテルの交換; 整形外科手術における感染; 人工心臓弁; 膀胱摘除術; 短期外来手術; 短期間のオペレーション; 短い外科処置; クリコテイロトミヤ; 手術中の失血; 手術中および術後の出血; Kuldotsentez; レーザー光凝固; レーザー凝固; 網膜レーザー凝固; 腹腔鏡検査; 婦人科における腹腔鏡検査; CSF瘻; 小さな婦人科手術; 小さな外科手術; 乳房切除およびその後のプラスチック; 縦隔切開術; 耳に対する顕微手術; Mukogingivalnye操作; 縫合; マイナー手術; 脳神経外科手術; 眼科手術における眼球の固定化; 睾丸切除術; 膵切除術; ペリカルデクトミヤ; 手術後のリハビリの期間。 手術後の回復期; 経皮経管冠動脈形成術; 胸膜胸腔; 術後および外傷後の肺炎; 外科手術の準備; 手術の準備; 手術前の外科医の手の準備; 外科的処置のための結腸の準備; 神経外科および胸部手術における術後吸引性肺炎; 術後悪心; 術後出血; 術後肉芽腫; 術後ショック; 術後早期。 心筋血行再建術; 放射線摘出; 胃切除術; 腸切除術; 子宮切除; 肝切除; enterectomy;胃の一部の切除。 操作された船の再閉鎖; 手術中に組織を結合する; 縫合糸の除去; 眼科手術後の状態; 手術後の状態; 鼻腔内手術後の状態; 胃切除後の状態; 小腸の切除後の状態;扁桃摘出後の状態; 十二指腸の除去後の状態; 静脈切除後の状態; 血管手術; 脾摘出; 手術器具の滅菌; 手術器具の滅菌; 胸骨切開術; 歯科手術; 歯周組織における歯科的介入; 椎間板切除術; 扁桃切除術; 胸腔鏡手術; 胸腔鏡手術; 総胃切除術; 経皮血管内冠動脈形成術; 経尿道切除術; Turbinektomiya; 歯の除去; 白内障手術; 嚢胞の除去; 扁桃切除術; 子宮筋腫の除去; 可動の一次歯を取り外す。 ポリープの除去; 壊れた歯を取り除く。 子宮体の除去; 縫合糸の除去; 瘻孔likvoroprovodyaschih方法; Frontoetmoidogaymorotomiya; 外科感染症; 慢性四肢潰瘍の外科的処置; 手術; 肛門部の手術。 結腸手術; 外科手術; 外科的処置; 外科的介入; 胃腸管の外科手術; 尿路に関する外科処置; 泌尿器系の外科的処置; 泌尿生殖器系の外科的介入; 心臓の手術手技; 手術操作; 手術; 静脈の手術; 外科的介入; 血管手術; 血栓症の外科的処置; 手術; 胆嚢摘出術; 部分胃切除術; 子宮摘出術; 経皮経管冠動脈形成術;経皮経管脈管形成術; 冠動脈バイパス; 歯の摘出; 乳歯の摘出; 切開術; 拍動性心肺バイパス; 抜歯; 歯抽出; 白内障抽出; 電気凝固; 泌尿器科の介入; 切開切開術; エトモイドトミヤ;歯の抽出後の合併症

組成(タブレットあたり):

プロプラノロール110mg、40mg

補助物質:乳糖; タルク; ジャガイモでんぷん; ステアリン酸カルシウム

10匹のブリスターで。 紙箱5個のパッケージまたは銀行のオレンジ色のガラス50個。 紙箱1つの銀行。

説明

ファセットとバリウムを含む、またはリスクのない白いバリウム錠剤。

特性

非選択的β遮断薬。

アナプリンの薬理学的性質

薬理学的効果 -抗狭心症、抗高血圧、抗不整脈

薬力学

洞結節の自動性、心筋の興奮性、興奮の異所性病巣の発生を減少させる; 心拍数が遅くなるとAV伝導、心筋収縮が遅くなり、心筋酸素需要が減少します。

降圧効果があり、コース目的地の2週目の終わりまでに安定しています。 これは、レニン - アンギオテンシン系の活性を低下させる。 それは血液のアテローム発生特性を増加させる。

子宮収縮を増加させ(自発的に子宮筋を刺激する手段を誘導する)、出産中および出血時の出血を減少させるのに役立つ。

気管支の緊張を高め、大量に鎮静を引き起こす。

眼の室内で房水の生成を抑制することにより眼内圧を下げ、瞳孔と調節の大きさに影響を与えません。

薬物動態

摂取に素早く吸収され、身体から比較的速く排出されます。 経口投与後1〜1.5時間のバイオアベイラビリティで達成されるCmax血漿レベル - 。 30%(肝ミクロソーム酸化による「初回通過」の効果)は、食事後の投与後に増加する。 T1 / 2 - 2-3時間血漿タンパク質を連結する - 。 90-95%。 それは胎盤障壁を貫通する。 腎臓による排泄 - 90%、未改変の形態で - 1%未満。

アナプリンの適応

動脈性高血圧;

激しい狭心症、不安定狭心症;

洞性頻拍(甲状腺機能亢進症を含む);

上室性頻脈;

頻拍性心房細動;

上室および心室の早期拍動;

本質的な振戦;

脳波症候群を背景とした交感神経麻痺の危機;

拡散毒性甲状腺腫における心臓血管障害;

甲状腺刺激性甲状腺腫の患者の術前の準備は、thyreostatics PMに耐えられません。

片頭痛発作の予防。

禁忌

過敏症;

AV遮断II-III条;

洞房ブロック;

洞静脈炎(心拍数<55拍/分);

シンドロームシック洞。

低血圧;

心不全II B-III世紀。

うっ血性心不全;

急性心筋梗塞;

血管運動性鼻炎;

閉塞性動脈疾患(レイノー病を含む);

代謝性アシドーシス;

気管支ぜんそく;

気管支痙攣反応に対する傾向;

糖尿病;

妊娠。

妊娠と授乳

禁忌。

副作用

徐脈、AVブロック、気管支痙攣、心不全、筋力低下、疲労、上腹部領域の痛みがあります。

悪心、下痢、便秘、アレルギー性皮膚反応、乾癬の悪化、低血糖症(インスリン依存性糖尿病の患者では、頭痛、不眠症、悪夢、衰弱症候群、急性精神および運動反応の低下、激越、うつ病、高インスリン血症(非インスリン依存性糖尿病患者)、視力障害、末梢動脈痙攣などがある。

インタラクション

抗精神病薬や抗不安薬とは相容れない。

薬物の服用を中止するには、クロロホルムまたはエーテルによる麻酔の数日前が必要です。

プロプラノロールによる治療の背景に対しては、ベラパミル、ジルチアゼムの導入/投与を避けるべきである。

プロポラノロールのヒドロクロロチアジド、レセルピン、ヒドララジンおよび他の抗高血圧剤、ならびにエタノールと組み合わせた降圧効果の強化。

それはthyreostatic薬とuterotoniziruyuschihを増加させます。 抗ヒスタミン剤の効果を減少させる。

血糖降下剤との併用には注意が必要です。

投与量および投与

内部(食事時間に関係なく)。 高血圧時には1日2回40mg; 低降圧効果用量での発現は、1日に2回、40mg 3回または80mgに増加した。 最大一日量は320mg(例外的には640mg)です。

アンギナ、心臓のリズム障害 - 最初の用量20mgを1日3回; 1回の投与につき用量を80-120mgに徐々に増加させる。 最大一日量 - 240 mg。

片頭痛の予防と、本態性振戦の予防のために、1日に2〜3回40mgの初期用量で; 必要に応じて、用量を160mg /日まで徐々に増加させる。

特別な指示

突然の撤退は心筋虚血を激化させ、運動能力を悪化させる可能性があるため、医師の監督の下で治療の中止を徐々に行う。

糖尿病患者では、薬物投与は血糖コントロール下で行われる。

抗精神病薬(神経弛緩薬)と精神安定薬と同時に使用しないでください。

プロプラノロールを投与すると注意力が弱まり、運動反応の速度が低下することに注意してください。

治療中はエタノールを飲むことは推奨されません(おそらく血圧の急激な低下)。

アナプリンの保存条件

乾燥した、暗い場所で。

子供の手の届かないところに保管してください。

賞味期限

4年。

パッケージに記載された有効期限を超えて使用しないでください。

Someone from the Chile - just purchased the goods:
Peptide complex 12 10ml for prevention and treatment of bronchopulmonary diseases