Best deal of the week
DR. DOPING

指示

Logo DR. DOPING

使用のための指示:Alpharona

私はこれがほしい、私に価格を与える

投与形態:鼻腔内投与のための溶液の調製のための凍結乾燥物; 注射液および局所適用のための溶液のための凍結乾燥物

活性物質:インターフェロンα-2b

ATX

L03AB05インターフェロンα-2b

薬理学的グループ:

その他の抗悪性腫瘍剤

抗ウイルス薬(HIVを除く)

インターフェロン

病因分類(ICD-10)は、

A86ウイルス性脳炎、不特定:ウイルス性脳炎; エンテロウイルス髄膜脳炎; ウイルス病因の脳炎; ウイルス病因の脳脊髄炎

B16急性B型肝炎:ウイルス性肝炎B; B型肝炎; 急性肝炎; B型肝炎に対する予防接種; 亜急性肝炎; 急性ウイルス性肝炎B; 急性のB型肝炎

B18.2慢性ウイルス性肝炎C: C型肝炎; 慢性C型肝炎の再発; 慢性活動性肝炎; 慢性ウイルス性肝炎C; 肝硬変のない慢性C型肝炎; 慢性C型肝炎

B18.8その他の慢性ウイルス性肝炎:慢性活動性肝炎; 慢性肝炎デルタ; 慢性A型肝炎; 慢性ウイルス性肝炎D

B30ウイルス性結膜炎

C44皮膚の他の悪性新生物:悪性皮膚腫瘍; Basalioma; Basaliomas; 基底細胞上皮腫; 基底細胞癌; 皮膚の基底細胞癌; 皮膚の基底細胞癌; 悪性網膜症; 潰瘍性基底細胞; 皮膚癌; 皮膚カルチノイド; 皮膚リンパ腫; 原発性網状症; 一次皮膚網膜症; 扁平上皮癌; 皮膚の扁平上皮細胞癌; 表在性皮膚腫瘍; 皮膚癌; 皮膚の網膜症; 皮膚網状肉腫; 皮膚の肉腫症; 皮膚癌(IおよびII期の内発性形態); 扁平上皮癌および基底細胞癌

C44.9不特定領域の皮膚の悪性新生物:悪性滲出性紅斑; 皮膚癌(IおよびII期の内発性形態)

C46カポジ肉腫:カポジアンギオリューチュロシス; 内皮腫; カポジ血管肉腫症; カポジ肉腫肉腫; カポジ出血肉腫; カポジ多発性肉芽腫; カポジ毛細血管拡張性偽肉腫; AIDS患者におけるカポジ肉腫; カポジのVarioleiform pustulosis; AIDSにおけるカポジ肉腫; カポジ肉腫(AIDS); エイズの背景にカポジ肉腫; エイズ関連カポジ肉腫

C64腎盂以外の悪性新生物:ウィルムス腫瘍; 腎臓がん; 転移性腎細胞癌; 腎癌; 手術不能な腎癌; 転移性腎癌; 転移性腎細胞癌; ウィルムス腫瘍; ウィルムスの腫れ。 腺筋腫; 腺筋鞘肉腫; 腎臓のアデノ肉腫; 腎臓がん; 一般的な腎細胞癌; 腎芽腫; ネフロマ; 胚腎腫; 再発性腎臓癌; Birch-Hirschfeld腫瘍; 一般的な腎細胞癌; 腎臓の腫瘍

C84.0キノコ真菌症:真菌症キノコ; げっ歯類肉芽腫

C91.0急性リンパ芽球性白血病:急性白血病の再発; ブラスト危機; 祝福の危機; リンパ芽球性白血病; リンパ系爆発の危機; 急性リンパ芽球性白血病; 成人および子供における急性リンパ芽球性白血病; 小児における急性リンパ芽球性白血病; 急性リンパ性白血病

C91.4有毛細胞白血病

C92骨髄性白血病[骨髄性白血病]: Ph陽性の慢性骨髄性白血病; 顆粒球性白血病; 骨髄性白血病; 骨髄性白血病; 骨髄腫疾患; 神経白血病; 急性骨髄芽球性白血病; 急性非リンパ芽球性白血病; 成人における急性非リンパ芽球性白血病; 難治性急性非リンパ芽球性白血病; PMLLにおける緩解の誘発; 前白血病の形質転換; 亜白血病性骨髄炎; 骨髄芽球性白血病; 骨髄性白血病

C94.4急性汎髄症:骨髄生成

D69.3特発性血小板減少性紫斑病:ヴェルホフ病; 特発性自己免疫性血小板減少症; 成人の特発性血小板減少性紫斑病; 成人における特発性血小板減少性紫斑病; 免疫特発性血小板減少性紫斑病; 免疫性血小板減少症; 血小板減少性紫斑病患者における出血; エバンス症候群; 血小板減少性紫斑病; 免疫原性の血小板減少症; 慢性特発性血小板減少性紫斑病; 本態性血小板減少症; 妊娠中の自己免疫性血小板減少性紫斑病; 輸血後の紫斑病

D76.0ランゲルハンス細胞からのヒストリサイトーシス、他に分類されていないもの

G04.9脳炎、脊髄炎または脳脊髄炎、不特定:細菌性神経障害; ウイルス - 細菌性髄膜脳炎; 髄膜脳炎; マイコプラズマ髄膜脳炎; パロタイト髄膜脳炎

G35多発性硬化症:播種性硬化症; 多発性硬化症; 再発性多発性硬化症; 二次進行性多発性硬化症; 多発性硬化症の悪化; 多発性硬化症の混合型

H19.1単純ヘルペスウイルスおよび角膜結膜炎(B00.5 +)に起因する角膜炎:再発性眼瞼炎。 眼科用ヘルペス; ヘルペス性角結膜炎; ヘルペス性結膜炎

H19.2他の分類される他の感染症および寄生虫性疾患における角膜炎および角結膜炎:エンテロウイルス結膜炎; 実質性角膜炎

H20.9不特定脂質異常症候群: びまん性後部ブドウ膜炎; ケラトビット; 眼の中部または後部のブドウ膜炎; 眼の中部または後部の視力を脅かすブドウ膜炎; ケラトワイト; 前部ブドウ膜炎; 鈍い前部ブドウ膜炎; 内因性ブドウ膜炎; 毛様体の炎症; 眼球の前部のブドウ膜炎; 交感神経ブドウ炎

J38.1声帯と喉頭のポリープ:喉頭の若年乳頭腫; 喉頭鏡腫症; 喉頭の呼吸器乳頭腫症; 喉頭の空気嚢胞; 声帯のポリープ

L85.8その他の特定の表皮厚

組成および放出形態

注射液および局所適用のための溶液のための凍結乾燥物1fl。

活性物質:インターフェロンα-2bヒト組換え体50万IU; 100万IU; 300万IU; 500万のME

補助物質:ポリグルカン; 塩化ナトリウム; リン酸一ナトリウム2水; リン酸二ナトリウム

バイアル中。 厚紙1枚、5枚、10枚または20枚のボトルまたは輪郭メッシュまたはカセットコンターパック1,5,10または20ボトル。 段ボール1パッケージのパック。

鼻腔内投与のための溶液の調製のためのリオフィリゼート1fl。

活性物質:インターフェロンα-2bヒト組換え体(以上)50,000 IU

補助物質:ポリグルカン; 塩化ナトリウム; リン酸一ナトリウム2水; リン酸二ナトリウム

バイアル中; 段ボール1または5ボトルのパック(バイアルまたはアンプル中に5mlの注射用水を入れたもの)。

剤形の説明

注射用および局所適用用の溶液の調製のためのリオフィリネート:吸湿性の白色またはほぼ白色の凍結乾燥粉末または多孔性塊。

鼻腔内使用のための溶液の調製のための凍結乾燥物:吸湿性の白色または淡黄色の凍結乾燥粉末または多孔質塊; 5mlの注射用水に溶解した後、沈殿物および外的封入物がなく、透明で無色または淡黄色の溶液が形成される。

薬理学的効果

行動様式 - 抗ウイルス、抗炎症、免疫調節、抗腫瘍、抗菌。

薬力学

ヒト組換えインターフェロンα-2bは、ヒト白血球インターフェロンα-2b遺伝子が組み込まれた遺伝子装置において、大腸菌(Escherichia coli)株により合成されたタンパク質である。 ヒト白血球インターフェロンα-2bと同一。

薬物動態

注射用および局所適用用の溶液の調製のためのリオフィリセート:非経口投与が崩壊すると、主として腎臓を通して部分的に変化しないで排泄される。

この薬物は、すべてのインターフェロンと同様に、インターフェロンに対する抗体の出現をもたらし、結果として治療効果の低下につながる可能性がある。

アルファロナの表示

注射および局所適用のための溶液のためのLiofilizate

大人の複雑な治療法:

急性ウイルス性肝炎B - 中等度および重度の形態は、黄疸の5日目までの間、黄疸の開始時まで(後期では、薬物の投与が効果的ではなく、肝昏睡および疾患の胆汁うっ滞の進行に有効ではない);

急性のB型肝炎、慢性活動性B型肝炎およびD型肝硬変の徴候がなく、肝硬変の徴候が現れる。

慢性ウイルス性肝炎C;

ウイルス性(インフルエンザ、アデノウイルス、エンテロウイルス、ヘルペス、パロタイト)、ウイルス - 細菌性およびマイコプラズマ髄膜脳炎(この薬物は疾患の最初の4日間で最も有効である);

ウイルス性結膜炎、角膜結膜炎、角膜炎、角膜ブドウ膜炎;

腎がんステージIV;

毛状細胞白血病;

悪性皮膚リンパ腫(キノコ真菌症、原発性網状赤血球症);

カポジ肉腫;

基底細胞および扁平上皮癌;

Keratoacanthoma;

慢性骨髄性白血病;

Histiocetosis-X;

亜白血病性骨髄炎;

本態性血小板減少症;

多発性硬化症。

小児における複雑な治療法:

誘導化学療法終了後の寛解時の急性リンパ芽球性白血病(4-5ヶ月の寛解);

乳頭腫の除去後の翌日から喉頭の呼吸乳頭腫症。

鼻腔内投与用溶液の調製のためのリオフィリゼート

急性呼吸器ウイルス感染の予防と治療、病気の初期段階における成人と子供のインフルエンザ。

禁忌

両方の投与形態に共通:アレルギー疾患の重症形態、インターフェロン製剤に対する個々の不耐性。

注射液および局所適用のための溶液のための凍結乾燥物:妊娠。

妊娠中および授乳中のアプリケーション

注射液および局所適用のための溶液のための凍結乾燥物:妊娠中の禁忌。

副作用

注射液および局所適用のための凍結乾燥物:非経口投与、悪寒、発熱、疲労、皮膚発疹およびかゆみ、白血球および血小板減少(後者の場合、週2〜3回の血液検査が必要)。 病変が切断されると、局所的炎症反応が起こる。 これらの副作用は、薬物の継続使用の障害ではない。

眼粘膜に局所的に適用される場合、結膜感染、眼粘膜の充血、下弓の結膜の浮腫が可能である。 重度の局所および一般的な副作用がある場合、薬剤を中止する必要があります。

鼻腔内投与のための溶液調製のための凍結乾燥物:記載されていない。

インタラクション

鼻腔内投与用溶液の調製のための凍結乾燥物:鼻腔内血管収縮剤の同時使用は推奨されない(鼻粘膜のさらなる乾燥を促進する)。

投与と投与

注射および局所適用のための溶液のためのリオフィリネート


IM、SC、アウトブレイクまたは病変下、結膜下または局所。 使用直前に、バイアルの内容物を注射用水で希釈する(1ml- IM注射および焦点に導入、5ml-結膜下および局所投与)。 解決策は、異物を含まない透明でなければなりません。 溶解時間は4分を超えてはならない。 希釈された薬物は保存されない。

IM、SCの紹介。 急性B型肝炎では、1日2回5〜6日間IUを1日1回100万IUに減量し、さらに5日間注射する。 必要であれば(生化学的血液検査を制御した後)、1週間に2回100万IUの治療コースを2週間継続することができる。 コースの投与量は15-21百万IUです。

デルタ感染を除き、肝硬変の兆候がない急性の長期および慢性活動性肝炎 - 1年に1回、2回、1〜2ヶ月間IUを100万回。 効果がない場合、処置は3〜6ヶ月に延長されるか、2〜3ヶ月の処置の後に行われ、2-3回の同様の処置が1〜6ヶ月の間隔で行われる。

肝硬変の徴候のない慢性活動性肝炎 - 週に2回、1ヵ月間50万-1百万IU /日。 反復治療コース - 1-6ヶ月後。

肝硬変の徴候を示す慢性活動性B型肝炎およびD型肝炎(250〜500,000IU /日)を1週間に2回、1ヶ月間投与する。 代償不足の徴候がある場合、同様の反復コースが少なくとも2ヶ月の間隔で行われる。

慢性ウイルス性肝炎C:成人 - 300万IUを1週間に3回9ヶ月間; 小児 - 300万IU / m2(最大線量 - 300万IU)を1週間に3回9ヶ月間。

腎臓がん - 毎日300万IU、10日間。 反復治療コース(3〜9回以上)は3週間間隔で実施されます。 薬物の総量は120〜3000000IU以上である。

有毛細胞白血病では、この薬剤は毎日3〜6百万IUで2ヶ月間投与される。ヘモグロムの正常化後、1日用量は1〜200万IUに減少する。 サポートメンテナンスは、6〜7週間、週に2回300万IUで処方されます。 薬物の総量は420-600万IU以上である。

誘導化学療法(4-5ヶ月の寛解)後の寛解期の小児における急性リンパ芽球性白血病では、1週間に1回、6ヶ月間、次いで2週間に1回、24ヶ月間。 同時に、支持化学療法が行われる。

慢性骨髄性白血病では、1日おきに300万IUまたは1日おきに600万IU。治療の薬効 - 10週から6ヶ月。

組織球増多-X - 300万IUを1ヶ月間毎日投与する。 繰り返しコース - 1~2ヶ月間隔で1~3年間。

亜白血病性骨髄性白血球症および本態性血小板減少症(高血小板血症の矯正用) - 毎日100万IUまたは20日間1日。

悪性リンパ腫およびカポジ肉腫 - 細胞増殖抑制剤(プロスピジン、シクロホスファミド)およびGCSと組み合わせて、1日あたり1日あたり300万IU。

真菌性真菌症および網状赤血球症の腫瘍段階の場合、薬剤のIMを300万IU、眼内 - 200万IUで10日間代替することが推奨される。

39℃以上の温度上昇を伴う真菌性真菌症の赤外病期の患者で、プロセスの悪化の場合には、薬剤を中止すべきである。 治療効果が不十分な場合、10〜14日後に、第2の治療コースが処方される。 臨床効果を達成した後、300万IUの維持療法を週に1回6-7週間行う。

喉頭の呼吸乳頭腫症では、薬剤は1日当たり100-150,000IU / kgを45-50日間投与し、その後同じ投与量で1週間に3回、1ヶ月間投与する。 第2および第3の治療コースは、2〜6ヶ月の間隔で実施される。

多発性硬化症 - 100万IU:ピラミッド症候群 - 1日3回、小脳症候群 - 1日1〜3回10日間、続いて1週間に1回、5〜6ヶ月間IUを導入。 薬の総量は50〜60百万IUです。

高発熱反応(39℃以上)の人は、薬物投与のためにインドメタシンを同時に使用することをお勧めします。

限局性投与。 基底細胞および扁平上皮癌の場合、ケラトカントーマは1日1回10日間、100万IUの病変部位に投与される。顕著な局所炎症反応の場合、病変下の注射は1〜2日後に行われる。 コースの最後に、必要に応じて低温凍結を行います。

結膜下投与。 間質性角膜炎およびケラトリドサイクロチス炎では、結膜下注射は、プロセスの重症度に応じて、毎日または1日おきに0.5mlの容量で60,000IUの用量で投与される。注射は、0.5%のdicain溶液を用いて局所麻酔下で行う。 治療の経過 - 15〜25回の注射。

ローカルアプリケーション。 局所投与のために、バイアルの内容物を注射用0.9%塩化ナトリウム溶液5mlに溶解する。 薬液を保存する場合には、無菌・消毒の規則に従って、バイアルの内容物を滅菌バイアルに移し、4〜10℃の温度の冷蔵庫に保存する必要があります12時間以内である。

結膜炎および表在性角膜炎では、罹患した眼の結膜が1日6〜8回2滴ずつ塗布される。 炎症現象が消失すると、点滴回数は3〜4に減少する。 治療の経過 - 2週間。

鼻腔内投与用溶液の調製のためのリオフィリゼート

鼻腔内に バイアルの内容物を5mlの注射用水に溶解する。

急性呼吸器ウイルス感染の最初の徴候では、インフルエンザ:成人 - 1日5〜6回の鼻腔1回あたり3滴(単回用量〜3,000IU、毎日〜15〜18,000IU)、新生児および1歳未満の子供1日5回(単回用量1000 IU、毎日5千IU)、1歳〜3歳の子供1日2回3-4回(単回用量2千IU、毎日6回-8千IU)、3〜14年 - 5日間、1日4〜5回2回(単回用量〜2,000 IU、毎日〜8〜10,000 IU)滴下する。

急性呼吸器ウイルス感染症およびインフルエンザの予防:患者との接触および/または過冷却 - 年齢関連の用量に応じて、1日2回5-7日間。 必要に応じて、予防コースが繰り返されます。 1回の接触で十分な場合は、1回注入する。

発生率の季節的な増加 - 年齢関連の投薬量に応じて、朝、1-2日後。 点滴後、指で鼻の羽をマッサージして、鼻腔に薬剤を均等に散布することをお勧めします。

薬局の供給条件

医師の処方に従って(注入および局所適用のための溶液の調製のための凍結乾燥物)。

薬Alpharonaの保管条件

乾燥した暗所で、10℃以下の温度で

子供の手の届かないところに保管してください。

アルファロナ薬の賞味期限

2年。

パッケージに記載されている有効期限が過ぎてから使用しないでください。

Someone from the Belgium - just purchased the goods:
Tears naturale eye drops 15ml