Best deal of the week
DR. DOPING

指示

Logo DR. DOPING

使用のための指示:Akriderm GK

私はこれがほしい、私に価格を与える

活性物質ベタメタゾン+ゲンタマイシン+クロトリマゾール

ATXコードD07XC01他の薬と組み合わせたベタメタゾン

薬理学グループ

混合したグルココルチコステロイド

病理分類(ICD-10)

B35.3足の真菌症

足の真菌、足の皮膚真菌症、網状菌の侵食、足の真菌症、真菌症の停止、足の真菌症および大きなひだ、足の表皮肥大症

B35.6鼠径部表皮増殖症

皮膚のひだの真菌病変、鼠径部の皮膚真菌症および滑らかな皮膚、鼠蹊部の真菌症、鼠径皮膚真菌症、鼠蹊皮膚表皮症、鼠径皮膚病、足の真菌症および大きなひだ

B36.0多色の苔

苔鞭毛虫、リーザー多色、苔癬菌、斑点病菌orbiculare、多色苔癬、ペレグリン苔

L20アトピー性皮膚炎

アレルギー性皮膚病、アレルギー性皮膚病、アレルギー性皮膚病、アレルギー性皮膚炎、アレルギー素因、アレルギー性皮膚疾患、アレルギー性皮膚炎、アレルギー性皮膚炎、アレルギー性皮膚炎、アレルギー性皮膚炎、アレルギー性皮膚炎、アレルギー性皮膚炎、アレルギー性皮膚炎、アレルギー性皮膚炎、アレルギー性皮膚炎、アレルギー性皮膚疾患、皮膚アレルギー性疾患、皮膚アレルギー性疾患、薬と化学製剤への皮膚アレルギー反応、薬物への皮膚反応、皮膚およびアレルギー疾患、急性湿疹、慢性アトピー性皮膚炎、滲出性素因、かゆみアレルギー性皮膚病

L30.3伝染性皮膚炎

細菌感染症またはそれが疑われる皮膚炎、外耳道の感染性湿疹、二次感染症、紅斑症、二次感染症、再発性皮膚炎、感染性皮膚炎、皮膚炎感染性湿疹、感染皮膚炎、感染性皮膚病、紅斑、微生物湿疹、慢性移動性紅斑、湿疹が感染した皮膚炎、感染した皮膚炎、二次感染により複雑な皮膚病、一次および二次感染により複雑な皮膚病、紅斑移行、細菌性皮膚炎、紅斑性慢性慢性、過感染症、紅斑性移行性紅斑

リリースの構成と形式

AkridermŪ

クリーム1 g

ジプロピオン酸ベタメタゾン0.64 mg

補助物質:ニパギン; パラフィンワックス; ペトロラタム; プロピレングリコール; オイルワセリン医療; アルコールセトステアリル乳化型Aまたはワックス乳化型「Lanette SX」。エチレンジアミン四酢酸二ナトリウム(トリロンB); 亜硫酸ナトリウム7水; 精製水

15または30gのチューブで; 段ボール1のチューブのパックに。

AkridermŪGENTA

外用クリーム1 g

ジプロピオン酸ベタメタゾン0.64 mg

硫酸ゲンタマイシン1 mg

補助物質:ニパギン; プロピレングリコール; 油ワセリン; マクロゴールエーテル20セトステアリル; セトステアリルアルコール; エチレンジアミン四酢酸二ナトリウム; リン酸二ナトリウム; リン酸一カリウム; 精製水

15または30gのチューブで; 段ボール1のチューブのパックに。

AkridermŪGK

外用クリーム1 g

ジプロピオン酸ベタメタゾン0.64 mg

クロトリマゾール10mg

硫酸ゲンタマイシン1 mg

補助物質:ペトロラタム; プロピレングリコール; オイルワセリン医療; セトステアリルアルコール; セトステアリルのマクロゴールエステル; トリロンB; リン酸二水素ナトリウム二水和物(リン酸ナトリウム - 酸一置換2-水); 精製水

15または30gのチューブで; 段ボール1のチューブのパック。

AkridermŪSC

外用軟膏1 g

ジプロピオン酸ベタメタゾン0.64 mg

(ベタメタゾン0.5mgに相当)

サリチル酸30 mg

補助物質:ペトロラタム; ワセリンオイル

15gまたは30gのチューブで; 段ボール1のチューブのパックに。

剤形の説明

クリームは白またはほぼ白色の色をしています。

軟膏 - 黄色を帯びた白から白、または色のkremovatymの色合い。 弱い特有の臭いは許容される。

特性

AkridermŪ

局所適用のためのグルココルチコステロイド。

AkridermŪGENTA

外用剤(グルココルチコステロイド+抗生物質 - アミノグリコシド)。

AkridermŪGK

外用剤(グルココルチコステロイド+抗生物質 - アミノグリコシド+抗真菌剤)。

AkridermŪSC

外用剤(グルココルチコステロイド+角質溶解剤)。

薬理学的効果

AkridermŪ

抗炎症性、抗アレルギー性、抗エキス作用性、うっ血除去性、痒疹性

AkridermŪGENTA

抗炎症、抗アレルギー、抗菌

AkridermŪGK

抗炎症、抗アレルギー、抗菌、抗真菌

AkridermŪSC

抗炎症、抗アレルギー、消毒、角質溶解

薬力学

コルチコステロイドベタメタゾンジプロピオネートは、白血球の蓄積、炎症中心におけるリソソーム酵素および炎症促進性メディエータの放出を阻害し、食作用を阻害し、血管組織透過性を低下させ、炎症性浮腫の形成を防止する。

ゲンタマイシンは、アミノグリコシド群からの広域スペクトルの抗生物質である。 一次および二次細菌性皮膚感染の原因物質に対する殺菌効果を有する。 それはグラム陰性菌に対して活性である:緑膿菌、Aerobacter aerogenes、Escherichia coli、Proteus vulgaris、Klebsiella pneumoniae; グラム陽性細菌:Streptococcus spp。 (ベータおよびアルファ溶血性連鎖球菌A群の感受性株)、黄色ブドウ球菌(Staphytococcus spp。 (コアグラーゼ陽性、凝固酵素陰性およびペニシリナーゼを産生するいくつかの菌株)。 嫌気性菌、真菌およびウイルスに対して不活性である。

クロトリマゾールは、真菌の細胞膜の不可欠な部分であるエルゴステロールの合成の破壊のために抗真菌効果を有する。 (Trichophyton rubrum)、白癬菌(Trichophyton mentagrophytes)、表皮菌(Epidermophyton floccosum)、ミクロスポラム・カニス(Microsporum canis)、カンジダ・アルビカンス(Candida albicans)、マラセチア・フルーツ(Malassezia furtur)(Pityrosporum orbiculare)

サリチル酸は角質溶解、抗菌作用をもたらし、角質層を排除し、GCS(グルココルチコステロイド)のより深い浸透を促進する。

適応症

AkridermŪ

アレルギー性皮膚疾患(急性、亜急性および慢性接触性皮膚炎、職業性皮膚炎、脂漏性皮膚炎、アトピー性皮膚炎、日光皮膚炎、神経皮膚炎、掻痒、嚥下障害、湿疹) 非アレルギー性皮膚炎の急性および慢性形態; 乾癬。

AkridermŪGENTA

アトピー性皮膚炎(びまん性神経皮膚炎)、単純慢性苔癬(限定神経性皮膚炎)、日光皮膚炎、剥離性皮膚炎、放射線皮膚炎、おむつ発疹、乾癬などの皮膚炎(単純かつアレルギー性の) 、かゆみ。

AkridermŪGK

原発性および/または二次感染、瞳孔裂症、限定的およびびまん性神経皮膚炎、薬物感受性病原体による皮膚の真菌症(鼠径部、停止)を伴う皮膚病の治療。

AkridermŪSC

皮膚角化症に伴う皮膚病の局所治療:乾癬、限られたびまん性神経皮膚炎、扁平苔癬、湿疹、嚥下障害性皮膚炎、魚鱗癬および魚鱗癬の変化。

禁忌

皮膚の結核、梅毒の皮膚症状、水痘、単純ヘルペス、皮膚のワクチン接種後の反応、傷口、乳汁分泌および1歳未満の子供に対する過敏症; AkridermŪに加えて、下肢、酒さ、尋常性ざ瘡の栄養性潰瘍; AkridermŪGKに加えて:外耳炎の治療 - 鼓膜の穿孔。 さらに、AkridermŪSKの場合:周皮皮膚炎。

妊娠および授乳期における適用

妊婦におけるGCSの局所適用の安全性は確立されていない。 妊娠中のこのグループの薬物処方は、潜在的な利益が可能性のあるリスクを超える場合にのみ正当化されます。 妊娠中に、この群の薬剤は高用量で、または長期間使用すべきではない。

GCSの局所適用が母乳中に現れる原因になるかどうかは定かではないため、母乳育児を中断する問題に取り組むべきである。

副作用

GCSの局所適用が起こることがあります:燃焼、刺激、乾燥皮膚、毛嚢炎、高張亢進、ざ瘡様発疹、低色素沈着、周皮皮膚炎、アレルギー性接触皮膚炎。 皮膚の浸軟、二次感染、皮膚の萎縮、発汗、紫斑など長期間の使用に加え、閉鎖包帯の使用。

AkridermŪ

主に小児において広範な体表面に適用されると、GCSの全身性の副作用(高血糖、グルココルチア、副腎皮質機能の可逆的抑制、クッシング症候群の発現)が起こることがある。

AkridermŪGENTA

AkridermŪGK

主に小児に広範囲の体表面に適用すると、GCS(高血糖、グルココルチア、副腎皮質機能の可逆的抑制、クッシング症候群の徴候)およびゲンタマイシン(腎毒性および耳毒性)の全身性副作用が生じることがある。

AkridermŪSC

主に小児において広範な体表面に適用されると、GCSおよびサリチル酸塩の全身性の副作用が起こることがある。

指示に記載されていない副作用がある場合は、医師に相談してください。

インタラクション

薬物と他の薬物との相互作用は同定されていない。

投与と投与

AkridermŪ

AkridermŪGENTA

AkridermŪGK

外側に。 肌の患部に薄い層を1日2回、朝と夕方に塗ります。 他の使用頻度は、疾患の重篤度に基づいて、医師が決定することができる。 軽い場合には、クリームは一般に、1日1回、 より重度の病変では、より頻繁に使用する必要があります。

治療期間は治療の有効性と忍容性に依存し、2〜4週間です。

臨床的改善が起こらなければ、診断を明確にする必要がある。

AkridermŪSC

外側に。 肌の患部に薄い層を1日2回、朝と夕方に塗ります。 他の使用頻度は、疾患の重篤度に基づいて、医師が決定することができる。 軽度の場合には、軟膏は、原則として1日1回、 より重度の病変では、より頻繁に使用する必要があります。

過剰摂取

急性過量はありそうもないが、薬物の過剰または長期使用により、高コルチコステロイドの徴候(高血糖、グルココルチア、副腎皮質機能の可逆的抑制、クッシング症候群の徴候)を伴った慢性的な過剰摂取が可能である。

治療:対症療法。 慢性毒性の場合、徐々に薬剤を抜去することが推奨される。

特別な指示

薬物の使用に伴う感受性や皮膚刺激の徴候がある場合は、治療を中止し、患者に適切な治療法を選択する必要があります。

長時間の治療では、皮膚の広大な表面に薬剤を塗布するとき、閉鎖包帯剤を使用して、子供にも、GCSの全身吸収が可能である。

1年未満の小児については、厳格な兆候および医学的監督のもとでのみ処方される。 ベタメタゾンに関連する全身性の副作用を発現させることが可能である。 広範な表面および/または閉鎖包帯下に薬物を適用すると、視床下部 - 下垂体 - 副腎系の機能および大食症の症状の発症、成長ホルモンの排泄の減少、頭蓋内の増加圧力を観測することができる。

身体の他の表面よりも頻繁に顔面の皮膚上で、局所SCSの長期治療後に、萎縮性変化が現れることがある; この場合の治療の経過は5日を超えてはならない。

クリームと軟膏は、眼科での使用を目的としていません。 目に触れないようにしてください。

薬物の長期使用により、徐々に取り消されるべきである。

保管条件

15〜25℃の温度で

子供の手の届かないところに保管してください。

賞味期限

外用クリーム0.064% - 4歳。

外用クリーム - 2年間。

外用クリーム0.05%〜4歳。

外用軟膏 - 3年間。

パッケージに記載されている有効期限が過ぎてから使用しないでください。

Someone from the Mexico - just purchased the goods:
Sermion 30mg 30 pills