Best deal of the week
DR. DOPING

指示

Logo DR. DOPING

使用のための指示:Agapurin retard

私はこれがほしい、私に価格を与える

剤形:フィルムコート錠

活性物質:ペントキシフィリン

ATX

C04AD03ペントキシフィリン

薬理学グループ

アデノシン作動薬

血管保護剤および微小循環補正剤

nosological分類(ICD-10)は、

H34網膜の血管閉塞:眼の血管の動脈血栓症; 目の血管の静脈血栓症; 網膜循環の違反; 眼内循環の障害; メッシュおよび脈絡膜への不十分な血液供給; 中心網膜血管の閉塞; 網膜動脈の急性閉塞; 網膜または眼の脈絡膜における亜急性および慢性の循環不全; 網膜の血管疾患; 眼の網膜における血管障害; 網膜の血管血栓症; 網膜中央静脈血栓症; 網膜およびその枝の中心静脈の血栓症; 目の網膜およびその枝の中心静脈の血栓症

H34.0一時的な網膜動脈閉塞:網膜または眼の脈絡膜における亜急性および慢性の循環不全; 網膜における血管新生変化; 網膜動脈の痙攣; 眼の血液循環の障害

H34.2他の網膜動脈閉塞:網膜血管攣縮; 網膜動脈血栓症

H81前庭機能の障害:前庭病 ; 迷走神経 - 前庭疾患; 蝸牛奇形症候群; 前庭障害; 前庭異常; ラビリンス起源のめまい; 迷路における微小循環の違反; 蝸牛胎盤障害; 虚血性のコヒーレ - 前庭障害; 前庭装置の障害

H83その他の内耳障害:内耳機能の障害 ; 血管発生の内耳機能の侵害; 内耳への血液供給の妨害; 内耳の機能障害

H91その他の難聴:年齢に関連する聴力損失。 聴力における年齢関連の血管低下; 加齢性聴力障害; 特発性難聴; 聴力の低下した鋭敏さ; 難聴; 血管または有毒な起源の悪化する聴覚; 知覚難聴

I60-I69脳血管疾患

I69脳血管疾患の影響:虚血性および脳卒中後の状態; 出血性脳卒中の残存効果; 虚血性脳卒中の残留効果; 脳循環の残存効果; くも膜下出血の残存効果; 虚血性脳卒中; 血栓塞栓性脳卒中の転移; 脳血管障害の結果。 脳への血液供給不足の結果。 虚血性脳卒中の結果; 脳卒中の結果。 Postapopleksicheskoe州; 脳卒中後期間; 脳卒中後症候群; ストローク後の状態。 脳血管事故後の状態; 慢性脳血管機能不全

I70アテローム性動脈硬化症:アテローム性動脈硬化症; 末梢血管のアテローム性動脈硬化症; アテローム硬化性変化; アテローム硬化性血管変化; アテローム性動脈硬化症; 自発;Trombangioz obliterans; フレンレンテラ病

I70.2動脈のアテローム性動脈硬化症:閉塞性動脈硬化症; 動脈硬化性動脈硬化症; 下肢の動脈のアテローム性動脈硬化症; 末梢動脈のアテローム性動脈硬化症; アテローム性動脈硬化症の手足; 下肢の閉塞性疾患; 閉塞性動脈硬化症; 下肢動脈の閉塞動脈硬化症; 上肢の閉塞性動脈硬化症; 下肢の動脈硬化症の閉塞症; 動脈のアテローム性動脈硬化症; 手足動脈症;動脈硬化は手足を閉塞させる; 閉塞動脈硬化症

I73.0レイノー症候群:レイノー症候群Leriche; レイノー病; レイノーの現象。 RaynaudLeriche症候群; レイノー病; 栄養障害を伴うレイノー症候群; 末梢血管障害

I73.1閉塞性血栓血管炎[バージャー病]:バーガー病; 閉塞性血栓血管炎; トロンバンギット; 閉塞性血栓血管炎; バージャー病

I73.8他の指定された末梢血管疾患:間欠性跛行の症候群; 閉塞性動脈炎; アクロシアニン症; 血管収縮; 閉塞性疾患; 断続的跛行; 血管の神経支配の障害; 末梢動脈の痙攣; 動脈塞栓症; 静脈不全およびその合併症; 末梢血管の痙攣; 冠状動脈の攣縮。 内動脈炎; 冷却停止; 末梢循環の咬合障害; 末梢血管閉塞

I79.2他の地域に分類される疾患における末梢血管障害:糖尿病性血管障害; 糖尿病における血管症; 糖尿病性動脈硬化症; 末梢神経の病変における痛み; 糖尿病性血管症; 糖尿病性細小血管症; 糖尿病性血管疾患; 断続的な血管新生disbaziya; 糖尿病における大血管症; 細小血管症; 糖尿病における微小血管新生; 手と足の感覚を刺す。 四肢の冷え性; 末梢血管障害; 末梢動脈疾患; 硬化症Menkeberga; 慢性閉塞性動脈疾患

I83下肢の静脈瘤:下肢の重篤さと疲労感。 バリコース散布型; 静脈瘤; 下肢の静脈瘤; 下肢の軽度の病気; 静脈瘤の静脈; 静脈瘤; 静脈瘤病; 静脈瘤症候群; 静脈瘤症候群; 静脈跛行; 静脈静脈瘤; 静脈疾患; 下肢の病気; Prevarikozny症候群; プレドバリコジニー症候群; 慢性静脈瘤; 硬化療法静脈瘤

I83.0潰瘍のある下肢の静脈瘤:下腿の胸窩潰瘍; 下肢の栄養性潰瘍; 静脈瘤

I99循環器系のその他のおよび特定されていない障害:血管症; 動脈塞栓症; アテローム性動脈硬化症; 血行動態右心不全; 右心臓の血行力学的欠陥; 冠動脈アンギオパシー; 血液循環の侵害; 循環の違反; 臓器および組織における違反微小循環; 末梢循環障害; 四肢における末梢循環の障害; 循環障害; 動静脈起源の血行動態不安定性閉塞; 急性循環障害;Psevdostenokardicheskie州; Psevdostenokardicheskoe障害; 循環器障害; 心血管疾患; 血管機能不全; 血栓性動静脈シャント; 人工心臓弁を用いた血栓症; 骨盤臓器における血液循環の悪化; 心血管系の機能不全; 心血管系の機能障害; 慢性動脈不全; 慢性心不全; 加齢性血管疾患; 血栓症のリスク

R02他の分類されていない壊疽:アテローム硬化性壊疽; 壊疽; 四肢の壊疽; 聖アンソニーの火

R20.2皮膚の感覚異常:発作性感覚異常; 感覚異常

T33-T35霜

組成および放出形態

注射用溶液1mlはペントキシフィリン20mgを含有する。 5mlのアンプルで、5個の箱に入れる。

1錠剤 - 100mg; 暗いガラス60本のボトルに、ボックス1のボトルに入れます。

1錠は400または600mgで遅延被覆されている; ブリスター10個入り、ボックス2でブリスター。

薬理学

作用機序 - 血管拡張剤、抗凝集性、血管保護性、微小循環改善。

アデノシン受容体をブロックし、ホスホジエステラーゼを阻害し、血小板中のcAMPの蓄積を促進する。 凝集を減少させ、血小板の脱凝集を引き起こし、赤血球の弾性(変形能)を高め、血液の粘度を低下させる。

薬物動態

急速に吸収され、延長された形態から徐々に放出され、Cmaxは投与後2時間で測定される(12時間後に25%Cmaxまで減少する)。 それは均等に分布し、腎臓(約94%)および腸(約4%)によって代謝産物の形態で排泄される(約2%のみ)。 最初の4時間は、最大90%の線量が出力されます。

Agapurin retardの適応症

(アテローム性動脈硬化症、間欠性跛行、糖尿病性血管障害、末梢性動脈炎など)、栄養障害(脳卒中後症候群、静脈瘤潰瘍、壊疽、凍傷など)、膝神経障害(感覚異常症、アクロシアニン症、レイノー病) 脳循環障害(アテローム性動脈硬化症)、眼の網膜および脈絡膜への血液供給の急性および慢性不全; 内耳の急性機能障害。

アガパリン・リターダのための禁忌

急性心筋梗塞、大量出血、脳出血。

妊娠と授乳

妊娠中の禁忌。 治療時には母乳育児をやめるべきである。

副作用

消化器症状、めまい、熱感、アミニック、ureo。

介入

降圧薬(交感神経遮断薬、神経節遮断薬、血管拡張薬など)との相乗作用。

投与量および投与

内部、食べた後、噛んではなく、水を飲む、1タブ。 1日2回、1日2回、1日3回、 血圧が急激に低下すると、1日3回1錠に減量され、同じ投与量が長期間の治療に使用されます。

(ストリーム注入またはドロップ注入による)、IV(ストリーム注入またはドロップ注入による)、IM投与および治療レジメンは個別に設定される。

予防措置

治療は血圧の制御下で行う必要があります:低血圧および循環の不安定性により、急性の低血圧および狭心症の発症が生じることがあります。 心不全では、強心配糖体の導入が必要である。 低血糖症薬を服用する糖尿病患者では、大量のアガプレリンを投与すると重度の低血糖が起こる可能性があるので、低血糖症薬の投与量を調整する必要があります。

Agapurin retardの保存条件

乾燥した場所で、25℃以下の温度で

子供の手の届かないところに保管してください。

賞味期限

コーティングされた錠剤を600mg〜2年間遅らせる。

被覆された錠剤は400mg~4.5歳。

注射用溶液20 mg / ml - 3年間。

100mgの丸薬-3年間。

パッケージに記載されている有効期限を超えて使用しないでください。

Someone from the USA - just purchased the goods:
Adrenaline (Epinephrine) injection 1mg 5 vials