Best deal of the week
DR. DOPING

指示

Logo DR. DOPING

使用のための指示:Acenocumarol

私はこれがほしい、私に価格を与える

剤形:錠剤

活性物質: Acenocoumarolum

ATX

B01AA07 Acenocumarol

薬理学グループ

抗凝固剤

病因分類(ICD-10)は、

I21急性心筋梗塞:急性期の心筋梗塞; 急性心筋梗塞; 病的なQ波を伴う心筋梗塞および心不全を伴わない心筋梗塞; 心筋梗塞は心原性ショックにより複雑化する。 梗塞左心室; 経心筋梗塞; 心筋梗塞の網膜下(心内膜下); 網膜虚血心筋梗塞; 心内膜心筋梗塞; 心筋梗塞の急性期; 急性心筋梗塞;急性心筋梗塞;急性心筋梗塞;急性心筋梗塞; 心筋梗塞の亜急性期; 冠動脈(動脈)の血栓症; 脅かされた心筋梗塞; Q波なしの心筋梗塞

I74塞栓症および動脈血栓症:努力のストレス(ストレス); 動脈血栓症; 動脈血栓症; 亜急性および慢性動脈血栓症; 末梢動脈の亜急性血栓症; 術後血栓症; 血管血栓症; 血管塞栓症; 大動脈シャントの血栓症; 動脈血栓症; 動脈の血栓症; 冠動脈血栓症; 冠動脈血栓症; 血管の血栓症; 虚血性脳卒中を伴う血栓症; 一般的な外科手術による血栓症; 腫瘍治療における血栓症; 血管血栓症; 術後の血栓形成 血栓合併症; 血栓塞栓症; 血栓塞栓性症候群; 術後期間における血栓塞栓性合併症; 動脈の血栓塞栓症; 部分血管血栓症; 塞栓症; 動脈の塞栓症

I82他の静脈の塞栓症および血栓症:再発静脈血栓症; 術後血栓症; 静脈血栓症; 急性静脈血栓塞栓症; 再発性静脈血栓症; 静脈血栓症; 内部器官の静脈の血栓症; 静脈血栓症; 深部静脈血栓症; 血管の血栓症; 血管血栓症; 静脈の血栓症; 深部静脈血栓症; 血栓塞栓症; 静脈の血栓塞栓症; 重度の静脈血栓症; 塞栓症; 静脈の塞栓症; 血栓塞栓症の合併症

R07.2心臓の痛み:心臓の神経症; 心筋虚血性疼痛; 心筋梗塞における疼痛症候群; 心筋症; cardioneurosis; 心臓症候群; 心臓の患者の痛み; 背景性難聴性心筋ジストロフィーの心筋症; 機能性心筋症; Psevdostenokardiya; 心膜痛

組成および放出形態

アセノクマロール4 mg

60本のボトルで。 1箱のボトルに入れてください。

薬理学的効果

行動様式 - 抗凝固剤。

因子II、VII、IXおよびXの合成の阻害。

薬物動態

胃腸管によく吸収され、血液中のCmax - 摂取後1〜8時間。 血漿アルブミンとの関連性は90%以上である。

臨床薬理学

低プロトロンビン血症は、摂取後36〜48時間に発生し、数日間持続する。

Acenocumarolの適応症

血栓血栓症、肺塞栓症、冠動脈血栓症(予防)。

禁忌

出血性素因、頭蓋内出血、胃および十二指腸の消化性潰瘍、肝不全。

妊娠と授乳

妊娠中の禁忌。

副作用

消化不良(吐き気、嘔吐、下痢)。 出血。

投与と投与

中に、少量の液体を、一度、6-8mgの最初の日に、次にPV(プロトロンビンインデックスは2-3.5以内にあるべきである)の制御下で4mg /日で絞る。 入場の頻度は1日1回です。

薬Acenocumarolの保管条件

乾燥した場所で、5〜14℃の温度で

子供の手の届かないところに保管してください。

薬Acenocumarolの有効期間

3年。

パッケージに記載された有効期限を超えて使用しないでください。

Someone from the Oman - just purchased the goods:
Vasonit 600mg 20 pills