Best deal of the week
DR. DOPING

ブログ

Logo DR. DOPING

人々のための何の休日 - 麻薬学者のために平日に働いている

21 Aug 2018

大多数のために待望の新年の祝日は、個人的な仕事、家族、旅行に専念できる追加の休日です。 しかし、一部の人にとっては、健康な労働者、特に医師、麻薬専門家の間で、熱い就業日になる日が続きます。 1月初旬の後者の需要は、人口間のアルコール乱用の発生率の急増と関連しており、飲酒 - 重傷事件やアルコール含有製品の中毒という形で現れている。

フェノトロピルとアルコール

データによると、2018年には、アルコール依存症の診断を受けた230万人以上がロシアに登録されました。 この病気に苦しんでいる人々の実際の数は公式の統計値を大幅に上回っています。 毎年患者数は約20万人増加し、ロシアの1人当たりの実際のアルコール消費量はすでに年間約15リットルの絶対アルコールです。

アルコール依存症の患者では、さまざまな身体系(神経系、心血管系、内分泌系、消化管系など)の機能に支障をきたす。 このため、心理的効果と薬物療法を組み合わせて治療が行われている。 活性抗アルコール治療が、負の反射反応液の形成を促進する異なる薬物を割り当てた場合、規定用量で身体および他のアルコールの代謝を変化させる有害な心臓血管反応を引き起こす。 抗うつ薬、精神安定剤( フェナゼパム )、抗精神病薬、抗痙攣薬を使用した維持療法として。

アルコール中毒の治療薬のグループでは、無条件のリーダーはカルメ条件反射療法です。 薬物療法の効果は、薬物摂取の背景にあるアルコールを飲むことによる患者の不快な感覚の形成に現れる。 平均治療期間は3ヶ月です。

Lidevinも同様の動作をします。 Unitiolとそれを構成するB群のビタミンは、アルコールの代謝に関与する酵素の1つを遮断します。 患者の血液中のアルコール酸化生成物の蓄積は、顔面への血液の流入、悪心および倦怠感、嘔吐、頻脈(急速な心拍)、血圧の上昇で現れ、最終的には、アルコール飲料の匂いと味。

Phenotropil 、Kolme、Lidevinの小売売上高の増加を背景に、AntaxonとEsperalの売上高は減少しました。

エスペラールはロシアで最も有名なジスルフィラム製剤の一つです。 その放出の形態は、経口投与および非経口投与の両方を提供する。 後者(「ヘミング」とも呼ばれる)は、薬物の皮下移植です。 統計に基づいてこの手続きを踏みたい人は、新年の祝祭日の前夜に、毎年11月から12月にかけて最大になる。

アルコールを飲むことをやめたり、飲酒を長引かせたり長引かせたりすると、禁酒症候群が増します。 その複雑でない形は、町民にとっては、白熱のような重要な状態(せん妄)である二日酔いとして知られています。

禁酒に使用される薬物群の1つは、解毒剤である。 長い間、ヒ素化合物と重金属塩だけでなくアルコール代謝産物も結合できる物質であるウニチオールに基づく薬物は、麻薬であることが判明しました。 チオール製剤の標準的な形態は、緊急解毒のために使用される注射剤である。

離脱症候群の治療に使用されるホメオパシー薬の中で最も有名なのがProprotenです。

禁断症状の治療におけるホメオパシー救済の消費者需要の減少は、これらの薬物に対する多くの薬物治療医の懐疑的態度、禁酒のための積極的な処方の実践の欠如に起因する可能性がある。 Proprotenの販売高は、メディアに広告を掲載して消費者に積極的に晒すことによって、メーカーが十分に高い水準で維持しています。

解毒剤に加えて、アルコール吸収剤(Polysorb MPなど)、肝プロテアーゼ ( Heptral 、メチオニン)、ビタミン(主にB群)、向知性薬 ( フェノトロピン 、グリシン)、水 - 電解質バランス(Regidron)および様々な鎮痛剤が含まれる。

離脱症候群を克服するのに役立つ何百もの人気レシピがあります。これは二日酔いです。 特に新年のお祝いの前夜に、それぞれの効果を議論するために多くの資料が用意されています。

禁酒治療のための様々な薬剤の有効性の研究に注力した研究の結果が発表された。 科学者は、多くの製品や医薬品の人体への影響を調査しています:アスピリン; バナナ; ビタミンB、Cおよびカルシウムの複合体; カクテル "Bloody Mary"; キュウリブライン; 炭酸カルシウム; 活性炭; カクテル「Ruff」(ウォッカ+ビール); コーヒー; システイン; 肉体トレーニング; 新鮮な空気; 新鮮な果汁を絞りました。 人参; 緑茶; はちみつ; バス; イブプロフェン; ミルクシェーク; マルチビタミン複合体; パラセタモール; 科学者は、二日酔い症候群の治療において、リストされた対象のいずれかの無条件の有効性を証明する信頼できる事実を明らかにしていない。

したがって、この分野の専門家(薬物治療医)の評決は非常に厳しいものです。禁欲を回避する唯一の方法は、まったく飲むものではありません。 さもなければ、身体の反応が直ちに現れるでしょう。 状態の特徴は、生物の個々の感受性ならびに消費される飲料のアルコール含量に依存する。


前の記事
日焼けの季節
次の記事
肝硬変
 

Someone from the Norway - just purchased the goods:
Sermion 30mg 30 pills