Best deal of the week
DR. DOPING

ブログ

Logo DR. DOPING

妊娠中の腫れ

03 Apr 2019

赤ちゃんを待っているのは女性にとって素晴らしい時間です。 しかし、そのような忘れられない期間でさえも、中毒、胸やけ、便秘および腫れによって曇る可能性があることを認めなければなりません。 妊娠中の浮腫は心血管系または腎臓起源のものであることが知られている。 妊娠中の女性にはどのようにして腫れが現れ、それらを治療するのか、または治療しないのか?

浮腫は、臓器、体の細胞外組織腔における過剰な水分の蓄積です。 浮腫は妊娠中の非常に一般的な現象です。 それらは、塩分の代謝の変化、血液および血管壁の変化、ならびに静脈からの血液の流出の妨害の結果として、または成長と共に、尿の流出の妨害の結果として生じる。赤ちゃんの子宮が増加し、尿管を圧迫する。

妊娠中の腫れ

浮腫の発症には4つの段階があります。

- 足や足首の腫れ(夕方近くに起こる、軽度の素因、倦怠感を伴う)。
- 下肢、下腹部および腰仙部の浮腫。
- 手、顔の腫れ(特にまぶた)
- 一般的な浮腫。

妊娠中の女性の浮腫は医学的介入を必要としない生理的現象にすぎないと信じる傾向がある外国人医師とは異なり、ロシアの助産師は、浮腫は妊娠中毒の最初の段階であるために治療すべきだと考えています。通常の妊娠の合併症) 腫れの後の90%のケースでは、他のしゃくみの徴候があります:尿中にタンパク質が見つかると、血圧が上がります。 そして将来の母親がより早く健康に注意を払うようになればなるほど、妊娠中の女性から次の段階の妊娠(腎症、子癇前症、子癇)へのうつ病の移行を防ぐことがより容易になるでしょう。

診断

多くの場合、妊娠中の女性の腫れは肉眼で目立つため、特別な診断は必要ありません。 しかし時々それは腫れがあるかどうか目で判断することが不可能です。 この場合は、指を肌に押し付けて注意深く見ることができます。押した後にディンプルがある場合は、ゆっくりと整列します - 浮腫です。 しかし、多くの場合、既存の腫れは目視でも皮膚への圧迫でも検出されません。 これはいわゆる。 隠れた腫れ、または組織のパストネス。 彼らのタイムリーな診断のためには、体重の増加の仕方を監視し、定期的に血圧を測定し、そして尿検査に合格する必要があります。 1週間に300〜400 gを超える量を添加すると浮腫があることを示し、尿中のタンパク質の存在と高血圧は治療の必要性を示す。

浮腫の治療

浮腫の出現を避けるため、またはそれらを軽減するためには、医師の勧告に従うことが必要です。 将来の母親のわずかな腫れでは、活発な動き、長い散歩、体重の増加(買い物袋などの軽い負荷でも血管への圧力を高め、浮腫形成を促進する)を避けることが最善です。 横位置では、人の腎臓のストレスが軽減され、その結果、うまく機能するため、座って歩く必要が少なくなります(ただし、屋外での歩行はあきらめないでください)。 腹臥位では、血液の流出を容易にするために足を上げるのが便利です。 腹臥位になった後期に、子宮が腹腔の血管を圧迫して腫れが増加するような状況では、右臀部の下に小さな枕を置くと効果的です。 液体の消費量を監視する必要があります。 しかし、決してこの金額を大幅に減らすことはできません。 水分摂取量が急激に減少すると、体はそれを遅らせて貯蔵し始め、それはより深刻な結果につながります。 一日あたり1.5リットルの液体(水、ジュース、シリアル、スープ)を飲む必要があります。 この利尿薬では、消費される水分の70〜80%が必要です。

食事をとることはとても重要です。 有害な塩、唐辛子、砂糖、小麦粉、パスタ、揚げ物、漬物、塩漬け、辛い、炭酸飲料は、腫れの発症に寄与する有害な製品のカテゴリーに分類されます。 これは塩が食事から完全に排除されるべきであることを意味するのではなく、体内へのその摂取を制限することだけが必要です。 あなたはまたいくつかの製品の有用な特性を使うべきです。 例えば、ズッキーニ、新鮮なきゅうり、にんじん、りんご、さくらんぼ、ぶどう、グーズベリーなどの野菜や果物には、母親の体に必要な塩や微量元素が含まれています。さらに、それらは軽量の消化器です。

浮腫の予防には、クランベリーの新鮮な果実、新鮮なジュース、またはアロニアのジャムを使用できます。 腎臓のお茶や他の野菜の会費(ドッグローズ、イチゴ、ジュニパー、コケモモの葉、黒スグリの実からの煎じ薬)の使用、ならびに腫れを取り除くのを助けるように設計された薬は、医者の助言によってのみ可能です。 。

将来の母親を助ける薬局

植物起源の薬は排尿を正常化することを目的とした複雑な作用を有し、鎮痙、抗炎症および抗微生物作用を有し、腎臓および尿路の機能状態を改善する。 将来の母親は、 Kanefron Nを提供することができます。毛細血管を強化し、静脈のトーンを高めるために、そしてその結果として、フラボノイドをベースとした製剤を使用します。例えば、 Rutin 、Venoruton(ルトジド)、 Aetscin、Venen、Venoplantなど。将来の母親のためのこれらの資金は、医師に相談した後、兆候があれば妊娠4ヶ月目から取ることができます。

体の内側から膨らみの問題を解決することを目的とした手段と一緒に、あなたはその作用が局所麻酔、浮腫と炎症過程の減少、血腫の吸収、回復に向けられている薬局の訪問者に外部薬局を提供できます。血流の乱れや身体能力全般。

様々な起源のvenotonicsは足の腫れ、重さと疲労感を持つ妊婦を助けることを目的としています。 このような薬は外用されており、全身に全身的な影響を与えることはありません。これは妊娠において非常に重要です。 そのような調製物は、植物成分、例えば、損傷に対する毛細管壁の抵抗性を増大させるセイヨウトチノキ種子抽出物、スイートクローバーの抽出物(メリロチンおよびクマリンの活性成分)、微小循環および静脈血流を改善する抽出物を含み得る。赤ぶどうの葉など

薬局の範囲は、Herbion Esculus、Venoruton、Tromblets、Venen、Venolife、Antistax、Venitantなどのローカルな手段にする必要があります。Venotonicsは、医師の指示と推奨に従ってのみ使用することができます。

植物療法

腎臓茶(腎臓の収集と混同しないでください!)妊娠中の女性にとっては優れた利尿薬です。 民間療法で使用される葉や葉状の葉状のオルトサイフォンは完全に浮腫を除去し、泌尿器系の炎症過程の複雑な治療に使用されます。 植物に含まれているエッセンシャルオイル、オルトシホニン、タンニンのおかげで、腎臓のお茶は血圧、代謝を正常化し、そしてまた利尿薬です。 1〜2杯の腎臓のお茶に2杯の熱湯を入れて、10〜15分間淹れます。 腎臓の茶の注入は食べる前に20-40分必要です。

訪問者に腎臓のお茶を提供するとき、あなたがそれを消費することができると言うことを忘れないでください、しかし合理的な範囲内で、妊娠の経過を観察する医者によって推薦される投薬量を観察すること。

専門家は、時間の経過とともに腫れの兆候を確認し、妊娠中の女性を快適にさせるためにあらゆることを行うことができるため、この薬またはその薬を勧めて提供することは、将来の母親を医者に向けることを忘れないでください。

Someone from the France - just purchased the goods:
Vladonix 20 capsules