Best deal of the week
DR. DOPING

ブログ

Logo DR. DOPING

薬物乱用の形成

14 Aug 2018

麻薬の使用は、人間に対する彼らの行動の特異性に起因し、その一つは幸福感を引き起こす能力である。

薬物乱用の形成

この陶酔感は、麻酔中毒(中毒)状態の兆候の1つです。 その性質、喜び、快楽、肉体的および精神的幸福の想像上の改善の主観的効果の重症度は、薬物のタイプ、消費者の状態および気分、それが位置する環境などの様々な要因によって決定される。 オピオイド製剤によって引き起こされる幸福感は、身体的快感の感覚と、休息の情緒的背景、至福に内在しています。 精神興奮剤によって引き起こされる幸福感、知的回復感覚、啓発が優先されます。 麻薬中毒で観察される幸福感は、必然的に知覚障害、思考の変化と組み合わされる。

薬物暴露の程度は、服用量に直接依存し、以前の服用経験(薬物耐性の存在)にも関連していることを強調すべきである。 それによって引き起こされる陶酔の性質はまた、薬物の処方に依存する。 経験のある麻薬中毒者は、麻酔の開始時に受けた陶酔感には達しないことが知られています。 あなたが薬に慣れると、陶酔の強さは減少します。 時間が経つにつれて、中毒者は、主観的に痛い、不快な状態を取り除くためにのみ、元のコンセプトで陶酔を喚起しないように薬物を服用し始める。 薬を服用しても彼は特に心地よくなるわけではありませんが、彼がいなければ彼はできません。

麻酔薬が嗜癖 (薬物依存) を引き起こす能力は 、その刺激が正の感覚を引き起こす脳の領域における薬理学的作用によって説明される。 麻薬や物質乱用の原因となる物質は、快適性、喜び、報酬、励まし、肯定的な強化のゾーンを活性化し、それによって感情的に肯定的な反応を強める。 動物のためのこれらのゾーンの重要性を評価する生理学者は、その行動が、これらのゾーンおよび反対の記号のゾーン(罰のゾーン、不快ゾーン)の刺激によって決定されると考えている。

伝導経路に沿って来る神経インパルスは、特定の必要性の満足または不満について脳に情報をもたらす。 その結果、動物はその行動の戦術を選択し、最終的には陽性ゾーンの刺激を提供する。 人間の場合、このシステムは確かに難しく、そのニーズと活動は主に社会的要因によるものですが、システムの原理は似ています。

麻薬、活性化快楽ゾーン、新たな必要性、新しい欲望 - 麻薬の使用の必要性を形成する。 この新しい必要性は意志と心を抑え始める。

中毒性薬物の偶発的使用は、それらの通常の受容によって置き換えられる。 摂取量の初期効果は減少し、その投与に対する防御反応は減少し、消滅する。これらは全て、生物の反応性の変化の徴候である。 彼はすでに注射薬に反応し、以前とは違っています。 (生まれた人は、毒性(毒性)のある物質が体内に侵入することによって明らかになる多くの先天的な防御反応を持っています。例えばアルコールに慣れていない人では少量のアルコール飲料でも嘔吐が起こります。体は外国の有害物質から身を守ります。)

同じことが、最初の知り合いとの間で起こります。 例えば、大麻を服用したり、睡眠薬が誤用されたりすると、深刻な致命的な中毒でさえも、これらの症状はもはや指摘されなくなり、うつ病、めまい、うがい、目の痛み、吐き気、嘔吐、めまいが生じる。

健康な人はワイン、ウォッカなどを数日間連続して飲むことはできません。 彼らは彼に嫌になり、アルコール依存症の患者は毎日それを飲む。 中毒なエージェントを服用しているときも同じことが起こります。 それらの定期的な毎日の使用は、これらの資金への応答が変化したことを示しています。 それは麻薬の耐性を高め、耐性を増強することを明らかにする。 耐性は、摂食物質の初期用量に対する防御反応の弱化を特徴とする適応状態であり、その結果、前の程度の中毒効果を増加させるためには、その増加が必要である。 中毒の形態も変化していますが、これはやや遅れて起こります。

同時に、精神依存の現象が生じ、激化する。薬物が満足感を生じさせ、反復または継続的な投与が喜びを継続したり不快感を予防したりすることを必要とする状態。 精神的依存は、通常の手段がない場合には、麻薬の受容を予期して気分を高め、麻薬の不快感、不満、うつ病など、薬物に関する絶え間ない考え方の中に現れます。 健康な人がいろいろな快楽を持っていれば、さまざまな状況で心の安らぎの状態になり、中毒者は薬の影響下でのみそれに到達します。

薬物が中断されたときに起こる激しい身体的障害に現れる身体的依存の徴候の出現は、この疾患の発症の次の段階である。 そのような障害(禁断症候群)は、特定の症状と、各タイプの薬物の作用の特徴である精神的および物理的特性の兆候の複合体である。

救済は、同じ薬物または類似の薬理学的効果を有し、同じ型に属する他の物質の体内への導入に伴う。 適切な投与量が観察されると、物理的依存は外部に現れない。 それは精神的依存を増大させる強力な要因となり、それを控えようとした後でさえ、薬剤の服用を続けるか、またはその使用を再開させる。

Someone from the Kuwait - just purchased the goods:
Tears naturale eye drops 15ml