Best deal of the week
DR. DOPING

指示

Logo DR. DOPING

使用のための指示:Citalopram

私はこれがほしい、私に価格を与える

投薬形態:コーティング錠

有効物質:シタロプラム*

ATX

N06AB04シタロプラム

薬理学的グループ:

抗うつ薬

nosological分類(ICD-10)は、

F32うつ病エピソード: アステオ - 力学的に劣勢の状態; asthenoadressive障害; astheno抑うつ障害; 逆発情状態; astheno - 抑うつ状態。 大鬱病性障害; リタデーションを伴うびらん痛症のうつ病; 二重うつ病; うつ病の偽造; うつ病; うつ病性気分障害; うつ病; うつ病性気分障害; うつ状態; うつ病; うつ病性症候群; うつ病性症候群が蔓延する; 精神病における抑うつ症候群; うつ病マスク; うつ病; うつ病の枯渇; 気分循環の枠組みの中で抑制の現象を伴ううつ病; うつ病は笑っている。 退行性うつ病; 革命的な憂鬱。 退行性うつ病;躁うつ病; マスクされたうつ病; メランコリックアタック; 神経性うつ病; 神経性うつ病; 浅いうつ病; 有機うつ病; 有機性うつ症候群; 単純うつ病; シンプルメランコリック症候群;心因性うつ病; 反応性うつ病; 中等度の精神病理学的症状を伴う反応性うつ病; 反応性抑うつ状態; 反応性うつ病; 反復うつ病; 季節性うつ症候群; severostaticうつ病; 老人性うつ病;症状のあるうつ病; Somatogenicうつ病; サイクロトミン性うつ病; 外因性うつ病; 内因性うつ病; 内因性抑うつ状態; 内因性うつ病; 内因性抑うつ症候群

F33再発性うつ病:大うつ病; 二次うつ病; 二重うつ病; うつ病の偽造; うつ病性気分障害; うつ病; うつ病性気分障害; うつ状態; うつ病性症候群; うつ病マスク; うつ病; うつ病は笑っている。 退行性うつ病; 退行性うつ病; マスクされたうつ病; メランコリックアタック; 反応性うつ病; 中等度の精神病理学的症状を伴う反応性うつ病; 反応性抑うつ状態; 外因性うつ病; 内因性うつ病; 内因性抑うつ状態; 内因性うつ病; 内因性抑うつ症候群

F41.0パニック障害[発作性発作性不安]:パニック状態; パニック発作; パニック; パニック障害

組成

錠剤は、膜1のタブで覆われている。

活性物質:

シタロプラム臭化水素酸塩12.5mg; 25mg; 50 mg

(それぞれ10,20または40mgのシタロプラムに相当する)

補助物質:MCC-46.9 / 93.8 / 187.6mg; アルファ化デンプン - 20.2 / 40.4 / 80.8mg; ステアリン酸マグネシウム0.4 / 0.8 / 1.6mg; オパドライII(ポリビニルアルコール1.28 / 2.56 / 5.12mg、マクロゴール0.65 / 1.3 / 2.6mg、タルク0.47 / 0.94 / 1.88mg、二酸化チタン0.8 / 1.6 / 3.2mg)3.2 / 6.4 / 12.8mg

薬理学的効果

薬理作用 - 抗うつ薬。

投与と投与

内部、1日1回、噛むことなく、少量の液体を搾った。 この薬剤は、摂食量にかかわらず、1日のうちのいつでも使用することができるので、同じ日に薬剤を服用することが望ましい。

うつ病:治療は、20mg /日のシタロプラムを服用して開始される。 患者の個々の反応およびうつ病の重症度に応じて、用量は最大40mg /日まで増加させることができる。

パニック障害:パニック障害が1週間以内、推奨用量が10mg /日、その後用量が20mg /日に上昇する。 患者の個々の反応に応じて、毎日の投与量をさらに40mg /日に増やすことができます。

特別な患者グループ

高齢者(65歳以上)の患者。 推奨される1日量は10-20mgです。 うつ病の個々の反応および重症度に応じて、用量は最大20mg /日まで増加させることができる。

腎機能障害。 CRFが軽度から中等度の重症度であるため、投薬レジメンの修正は必要ない。 重度の腎不全(C1クレアチニンが30ml /分未満)の患者では、用量の選択に注意が必要です。

肝臓の機能不全。 軽度および中等度の肝不全の患者では、最初の2週間は最初の用量が10mg /日です。 反応に応じて、用量を20mg /日に増加させることができる。 重度の肝不全の患者では、投与量の選択に極度の注意が必要です。

イソ酵素CYP2C19の活性が低い患者。 アイソザイムCYP2C19の低活性の患者では、初期用量は2週間10mg /日である。 反応に応じて、用量を20mg /日に増加させることができる。

治療期間

その効果は2〜4週間で現れ、治療期間は患者の状態、治療の有効性および忍容性および平均6ヶ月によって決定される。

薬の廃止

シタロプラムを急激に廃止して症状を表明できる症状は、特徴的ではありません。 これは、最もしばしばめまい、頭痛、感覚異常、睡眠障害、無力症、神経症、振戦、吐き気および/または嘔吐である。

治療が完了した場合、禁断症状を避けるために、シタロプラムを数週間かけて徐々に中止する必要があります。 ほとんどの場合、これは約2週間で十分ですが、いずれの場合も医師が個別にこの問題を解決します。患者によっては2〜3ヶ月以上かかることがあります。

リリースフォーム

錠剤、フィルムコーティング、10mg、20mgおよび40mg。 コンビネーションアクリルのパッキンにはPVCのフィルムを、アルミの箔にはワニスを10枚印刷しています。 1枚、2枚、3枚、4枚または5枚のコンターメッシュパッケージ

薬局からの休暇の条件

処方せん。

シタロプラムの保存条件

暗所で25℃以下の温度で

子供の手の届かないところに保管してください。

シタロプラムの賞味期限

3年。

パッケージに記載された有効期限が過ぎた後は使用しないでください。

Someone from the Switzerland - just purchased the goods:
Peptide complex 7 10ml for improving the operation of the pancreas and pancreatitis prevention