Best deal of the week
DR. DOPING

指示

Logo DR. DOPING

使用のための指示:Feldoral SEDICO

私はこれがほしい、私に価格を与える

活性物質ピロキシカム

M01AC01ピロキシカム

薬理学グループ

NSAIDs - Oxicams

病理分類(ICD-10)

M10痛風

痛風の悪化、痛風による急性関節痛、急性痛風発作、痛風発作、再発性痛風発作、慢性痛風

M25.5関節の痛み

骨関節炎の疼痛症候群、変形性関節症の疼痛症候群、筋骨格系の急性炎症性疾患における疼痛症候群、筋骨格系の慢性炎症性疾患における疼痛症候群、関節の痛み、関節の痛み関節の痛み、関節の痛み、関節の痛み、関節の痛み、関節の痛み、関節の痛み、重度の物理的な運動の関節の痛み、痛みを伴う炎症性関節の損傷、筋骨格系の痛みの状態、痛いジョイント状態、関節の痛みを伴う外傷性の愛、筋骨格系の痛み、関節痛、関節リウマチの痛み、慢性変性性骨疾患の痛み、慢性変性性関節疾患の痛み、骨関節痛、関節痛、関節炎の痛み関節リウマチ、関節痛症候群、関節痛、リウマチ痛、リウマチ性疼痛

M35.3リウマチ性多発筋痛

関節リウマチ、関節周囲リウマチ症候群、関節周囲リウマチ疾患、関節周囲リウマチ軟部組織損傷、関節外関節リウマチ、リウマチ性関節リウマチ、関節リウマチ、関節リウマチ、関節リウマチ、リウマチ性関節リウマチ、リウマチ性関節リウマチ、リウマチ性関節リウマチ、軟組織のリウマチ、軟組織のリウマチ性疾患、関節周囲軟部組織のリウマチ性疾患、軟部組織のリウマチ性疾患、リウマチ性膠原病

M45強直性脊椎炎

ベクテレウス病、強直性脊椎炎、脊柱管疾患、リウマチ性脊椎炎、ベクテレフ病、慢性関節リウマチ、慢性関節リウマチ、強直性脊椎炎、強直性脊椎関節症、マリー - ストランペル病、強直性脊椎炎、筋骨格系の急性炎症性疾患における疼痛症候群、マリー - ストランペル病

M54背痛

背部の痛み、背骨の痛み、背中の痛み、背骨の様々な部分の痛み、背中の痛み、脊柱の苦痛の痛み症候群、筋骨格系の痛み

M79.0その他の未指定リウマチ

リウマチ、関節リウマチ、関節リウマチ、関節リウマチ、リウマチ、リウマチ、リウマチ、リウマチ性疾患、リウマチ性疾患、リウマチ性疾患、リウマチ性疾患、リューマチ性疾患、リューマチ性疾患、リューマチ性疾患、リューマチ性疾患関節リウマチ、関節リウマチ、関節リウマチ、関節リウマチ、関節リウマチ、慢性関節リウマチ、慢性関節リウマチ、リウマチ疾患、椎間板リウマチ疾患、リューマチ性関節リウマチ、関節リウマチ、関節リウマチ

M79.1筋痛

筋・骨格系の疼痛症候群、筋骨格系の慢性炎症性疾患における疼痛症候群、筋肉の痛み、筋肉の圧痛、重度の身体運動における筋肉痛、筋骨格系の痛み、筋骨格系の疼痛筋肉痛、筋痛、筋肉痛、筋肉痛、安静時の筋肉痛、筋肉痛、非リウマチ起源の筋肉痛、リウマチ起源の筋肉痛、急性筋痛、リウマチ性疼痛、リウマチ性疼痛、筋筋膜炎症候群、線維筋痛

R52.2その他の一定の痛み

痛み症候群、リウマチ起源、脊柱病変部の痛み、室内痛、火傷の痛み、痛み症候群弱または中等度、周術痛、中程度から重度の痛み、中程度または弱く発現する疼痛症候群、中程度から重度の痛み、耳炎、神経因性疼痛、神経因性疼痛

リリースの構成と形式

1カプセルにはピロキシカム20mgが含まれています。 ブリスター10個入り、ブリスター1個入り。

1坐剤直腸 - 20mg; 6本のストリップで、箱1のストリップに入れます。

薬理学的効果

薬理作用 - 抗炎症、解熱、鎮痛。

シクロオキシゲナーゼを阻害し、PG(プロスタグランジン)の生合成を阻害する。 炎症の強度を低下させ、中程度の強度の痛みを弱めるかまたは排除する。

表示

リウマチ、関節炎、incl。 リウマチ様、強直性脊椎炎、痛風、疼痛症候群。

禁忌

過敏症 他のNSAIDs(非ステロイド性抗炎症薬)、悪化期の消化管(胃腸管)のびらん性および潰瘍性疾患、未知の起源(病歴を含む)、重度の肝臓の血液の細胞組成の障害および/または腎機能障害、14歳までの小児および青年期、 直腸および肛門(坐薬)における炎症性変化または出血:妊娠、母乳育児。

妊娠および泌乳

禁忌。

副作用

胃腸管出血、口内炎、肝臓および/または腎臓機能不全、脛および足浮腫、頭痛、めまい、衰弱、睡眠障害、過敏性、うつ病、幻覚、細胞障害の組成物の胃腸管痛、嘔吐、吐き気、嘔吐、下痢末梢血(貧血、白血球減少症、血小板減少症)、出血、皮膚発疹、かゆみ、 肛門領域(坐剤)における痛みおよび重い感覚の不快感。

インタラクション

グルココルチコイドおよび/または他のNSAIDは、胃腸管の副作用の可能性、抗凝固剤 - 出血の危険性(血液凝固制御が必要)を増加させる。 フェノバルビタールおよびアセチルサリチル酸は、血清中のピロキシカムのレベルを低下させる。 この効果は、利尿剤および抗高血圧剤によって弱化されたシメチジンおよび制酸剤によって高められる。 血漿中のフェニトイン、リチウム、カリウムおよびメトトレキセートの濃度を増加させる。

投与と投与

内部、食後(カプセル); 直腸、腸の放出後、可能な限り直腸(坐薬)の中に深く入る。 通常、1日あたり20mg(1カプセルまたは1スープ)。必要に応じて1日あたり40mgまで(1カプセルまたは1回、2回)。 最大一日量は40mgです。

予防措置

歴史的には、消化管や腸の病気(潰瘍性大腸炎、クローン病)、血圧上昇や心不全に注意してください。 治療中および治療後に、肝臓および腎臓、ならびに血液の細胞組成を監視すべきである。 特にアルコールの同時使用では、注意の集中が弱まる可能性があることに留意する必要があります。

保管条件

暗所で30℃以下の温度で

子供の手の届かないところに保管してください。

賞味期限

坐剤は直腸20mg〜3年。

カプセル20mg〜4年。

パッケージに記載された有効期限が過ぎた後は使用しないでください。

Someone from the Argentina - just purchased the goods:
Tears naturale eye drops 15ml